森薗・吉村、ダブルス巧者らしい戦術で見事リベンジ<韓国オープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・韓国オープン
2019年7月2日~2019年7月7日・プサン
2019.07.05

森薗・吉村、ダブルス巧者らしい戦術で見事リベンジ<韓国オープン>

写真:森薗政崇(左・BOBSON)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアー・韓国オープン 2019年7月2日~7月7日>

5日、大会4日目を迎えた韓国オープン、男子ダブルス準々決勝が行われた。吉村真晴(7月世界ランキング40位・名古屋ダイハツ)/森薗政崇(同33位・BOBSON)が登場。ドイツのデューダ(同53位)/邱党(同70位)ペアと対戦した。ドイツペアは、先月のジャパンオープンで準優勝を果たしており、吉村・森薗も1回戦で対戦し2-0とリードするも逆転負けを喫している。

日本ペアは、ミスの少ないドイツペアのラリー力に屈し、1ゲーム目を落としてしまう。2ゲーム目も8-10と追い込まるが、ここで吉村がハーフロングサーブ(相手コートで2バウンドするかしないかのギリギリのラインに出すサーブ)を出し、邱党の判断を狂わせ2連続得点で追いつき、そのまま2ゲーム目を奪う。ここが試合のターニングポイントとなり、3,4ゲーム目も連続で奪った日本ペアがゲームカウント3-1で勝利した。

卓球のダブルスでは、コースが限定されるレシーブ側が有利と言われている。台から出るサーブはドライブで攻められ、台から出ないサーブはストップ(相手コートで2バウンド以上するように返球する守備的技術)やチキータ(バックハンドで順横回転をかけて返球する台上技術)などで先手を奪えるからである。

そこで今回吉村は、台から出るか出ないかの絶妙な長さのサーブを出し、レシーブ側に選択する技術を迷わせることで逆転に繋げた。世界卓球混合金メダルを筆頭に、ダブルスで数々の実績を残すダブルス巧者・吉村らしい戦い方であった。

見事リベンジを果たした吉村・森薗は、準決勝で中国の樊振東(同3位)/許昕(同1位)と対戦する。中国ペアは先日のジャパンオープンで優勝しており、吉村・森薗がどのような試合を見せるのか注目が集まる。

詳細スコア


写真:森薗政崇(左・BOBSON)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)/撮影:ラリーズ編集部

〇吉村真晴/森薗政崇 3–1 デューダ/邱党(ドイツ)
8-11/12-10/11-9/11-5

韓国オープン4日目見どころはコチラ

文:ラリーズ編集部
コメント
0
男子ランキング
2020.02.19
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.02.19
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US