石川佳純、涙の勝利 世界ランク1位・陳夢に金星<オーストラリアオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

国際大会 石川佳純、涙の勝利 世界ランク1位・陳夢に金星<オーストラリアオープン>

2019.07.12 文:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

大会4日目の12日、女子シングルス準々決勝に石川佳純(7月世界ランキング6位・全農)が登場し、世界ランク1位の陳夢(チェンムン・中国)と対戦した。陳夢とは4月に行われたアジアカップで対戦し、その際は1-4で敗戦している。

第1、第2ゲーム、陳夢の両ハンドのパワーに押され、2ゲームを連取される。第3ゲームはデュースとなると、最後は幸運なネットインもあり、13-11で石川が1ゲームを取り返す。続く第4ゲームは陳夢が取り、迎えた第5ゲーム。石川は序盤6-1のリードを奪うとこのゲームを11-8で取り、ゲームカウントを2-3とする。

第6ゲーム、石川は7-5での長いラリーを制すと、勢いそのままにゲームを奪い、試合の行方は最終第7ゲームへ。最終ゲーム3-3から石川が7連続ポイントで10-3とマッチポイントを握る。最後は石川のツッツキがネットにかかり、これを陳夢がミス。石川が大逆転で世界ランク1位の陳夢に金星をあげ、準決勝進出を決めた。

石川佳純 コメント


写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

ずっと悔しい時期が続いていて、自分自身中国選手にはずっと勝ててないというのもわかっていた。今日勝てばオリンピックにグッと近づくと思って、最後の一本まであきらめないように自分に言い聞かせてプレーした。

1-3になったときもベンチの邱さんに「全然いいプレーできているから、このまま相手の打ってくるコースを待って狙い打ちしなさい」と言われたので、負けていてもマイナスにならずに、守りに入らないプレーができた。

自分を信じてやることが大事と自分自身思ってプレーできたので、この2大会はすごく良かった。明日もいい流れに乗っていいプレーがしたい。

これから自分が頑張るための最高のプレゼントになった。

詳細スコア


写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

〇石川佳純 4-3 陳夢(中国)
6-11/6-11/13-11/6-11/11-8/11-5/11-5

石川佳純と平野早矢香の艶やか浴衣2ショット ファンから絶賛の声

男子ランキング
2020.07.13
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.13
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt