水谷隼、台湾エースに敗戦も「必ず僕はここから復活する」<T2ダイヤモンド> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
T2ダイヤモンド2019マレーシア
2019年7月18日~2019年7月21日・ジョホールバル
2019.07.19

水谷隼、台湾エースに敗戦も「必ず僕はここから復活する」<T2ダイヤモンド>

写真:水谷隼(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日~7月21日>

19日、T2ダイヤモンド2019マレーシアは2日目を迎え、1回戦で水谷隼(7月世界ランキング13位・木下グループ)が登場し、6月のジャパンオープン準優勝の林昀儒(リンインジュ・同16位・チャイニーズタイペイ)と対戦した。

T2ダイヤモンドは、7ゲームマッチのシングルス形式だが、従来の卓球のルールとは異なり、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。また、試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取となる。時間短縮のためゲーム間やタオル使用にも時間制限が設けられている。

水谷隼vs林昀儒

試合は序盤から、林が得意のチキータやバックハンドで水谷を台から下げる展開で先手を取る。対する水谷は巧みなサーブとブロックでコースを突いて林のミスを誘う。しかし終始先手を取られ続けた水谷は1ゲーム目を落とす。

続く2ゲーム目、水谷は林の威力抜群の両ハンドドライブに苦戦しながらも食らいつくが、10-10で不運なエッジボールに見舞われ、0-2と厳しい状況に立たされた。

3ゲーム目も打開策を見つけられない水谷は思い切ったプレーをし、随所に素晴らしいプレーを見せる。しかし林の猛攻を止められず、ゲームカウント0-3。

4ゲーム目は、水谷がロングサーブを多用し、林のリズムを崩そうとするも冷静に対処され、競り合いながらもストレート負けを喫した。

水谷隼 試合後のコメント


写真:水谷隼(木下グループ・写真手前)は完敗/撮影:ラリーズ編集部

水谷は試合後「最初の2ゲームでリードできなかったのがすごく苦しかった。終始自分のプレーに自信がなかったし、凡ミスも多かった。(2ゲーム目を10-11でとられて)あそこをエッジで点数を取られてしまった。競り合いになった時に最近必ずアンラッキーなポイントがあるので、そこを自分の流れに持っていけるようにいろんな部分を改善していきたい。」と敗因を振り返った。

また連戦続きだった上半期を振り返って「この半年は試合がすごく多くて疲れたなというのが印象。あまり出来は良くなかった。ただ、必ず僕はここから復活すると思っている。そのために少し休んで、8月からはまたプライベートコーチもつく。まだまだオリンピックに出場できるチャンスはあると思うので、8月から始まるツアーに向けて気持ちを切り替えていきたい。」と東京五輪を見据えた意気込みを話した。

詳細スコア


写真:世界にとって強敵となった林昀儒(チャイニーズタイペイ)/撮影:ラリーズ編集部

水谷隼 0-4 ○林昀儒
9-11/10-11/7-11/8-11

大会2日目の見どころはこちらから

水谷下した林昀儒のプロフィールはこちら

文:ラリーズ編集部

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.08.26
世界
日本
1
許キン(中国)
15980 pt
2
樊振東(中国)
15470 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13495 pt
2
丹羽孝希(日本)
10800 pt
3
水谷隼(日本)
10695 pt
女子ランキング
2019.08.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15380 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
石川佳純(日本)
13608 pt
2
伊藤美誠(日本)
12735 pt
3
平野美宇(日本)
11965 pt
SNS
FOLLOW US