シングルス予選終了 男子4選手、女子6選手が決勝Tへ<アジアジュニア&カデット卓球選手権大会> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
アジアジュニア&カデット卓球選手権大会
2019年9月2日~2019年9月7日・ウランバートル
2019.09.06

シングルス予選終了 男子4選手、女子6選手が決勝Tへ<アジアジュニア&カデット卓球選手権大会>

写真:韓国オープンでの長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/撮影:ラリーズ編集部

<アジアジュニア&カデット卓球選手権大会 2019年9月2日~2019年9月7日・ウランバートル>

5日、アジアジュニア&カデット卓球選手権大会は、シングルス各種目の予選リーグ全試合と混合ダブルス2回戦までが行われた。

>>団体戦の結果はこちら

男子ジュニアは宇田、曽根、篠塚が、カデットは松島が決勝Tへ

男子ジュニアは日本から宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)、戸上隼輔(野田学園高)、曽根翔(愛工大名電高)、篠塚大登(愛工大名電高)の4名が出場。宇田、曽根、篠塚は2勝し、リーグを1位で突破した。戸上は韓国選手に2-3で敗れ、1勝1敗でリーグの3人が並んだが、得失点差によって2位に。上位進出が期待された戸上は、悔しい予選敗退となった。

男子カデットには鈴木颯(愛工大名電中)、松島輝空(木下グループ)、前出陸杜(松生TTC)の3名が出場。松島輝空は予選の2試合でともに完勝をおさめ、予選突破を決めた。前出と鈴木は1勝1敗で予選敗退。鈴木は予選突破をかけたチャイニーズタイペイ選手との試合でフルゲームデュースまでもつれる接戦となったが、競り負けた。

>>38歳・ボル「引退が怖い」 “ドイツの皇帝”が語る自身の胸中

女子ジュニアは出澤、小塩、長﨑が、カデットは日本の3選手全員が予選突破

女子ジュニアは、日本から長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)、木原美悠(JOCエリートアカデミー)、出澤杏佳(大成女子高)、小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)の4名が出場。出澤と小塩はともに2勝を挙げ、リーグを1位で突破した。

長﨑は1勝1敗で、他の選手と並んだが、得失点差で1位となり予選を突破。木原は韓国選手とフルゲームデュースの接戦を演じたが、この試合落とす。リーグは1勝1敗の2位で、予選敗退となった。前回3位の木原は予選という早い段階で姿を消すことになった。

女子カデットには横井咲桜(ミキハウスJSC)、張本美和(木下グループ)、赤江夏星(貝塚第二中)の3名が出場。横井、張本は予選の2試合では相手を寄せ付けず、ともに3-0での完勝をおさめた。赤江夏星は予選突破をかけた中国選手との試合を3-2で制し、2勝でリーグ1位に。女子カデットは日本選手3名全員が予選を突破した。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

混合ダブルスも2組とも3回戦へ

また、2回戦まで行われた混合ダブルスは、日本から宇田幸矢/木原美悠と戸上隼輔/長﨑美柚の2組が出場。ともに2回戦を突破し、6日以降の3回戦に駒を進めた。

6日の大会5日目は、カデットシングルスは準決勝まで、ジュニアシングルスは準々決勝まで、そして混合ダブルスは決勝まで行われる。さらに、ジュニアダブルスも始まり、こちらは準決勝までが行われる。選手にとってはハードスケジュールだが、7日の最終日に多くの日本選手が勝ち残ることを期待したい。

>>木原美悠 平成最後の全日本 “シンデレラガール”誕生の裏側

4日目 日本選手の結果

男子ジュニア予選リーグ

曽根翔:1位 予選突破
○曽根翔 3-0 PANG Yew En Koen(シンガポール)
○曽根翔 3-0 MYANDAL Temuulen(モンゴル)

篠塚大登:1位 予選突破
○篠塚大登 3-1 JIAN Anukram(インド)
○篠塚大登 3-0 BAYASGALAN Bilguun(モンゴル)

宇田幸矢:1位 予選突破
○宇田幸矢 3-1 CHOY Chun Kit(中国香港)
○宇田幸矢 3-0 SHAORI Ali Akbar(イラン)

戸上隼輔:2位 予選敗退
○戸上隼輔 3-2 CHUA Josh Shao Han(シンガポール)
戸上隼輔 2-3 ○KIM Woojin(韓国)

男子カデット予選リーグ

松島輝空:1位 予選突破
○松島輝空 3-0 LENNARD The Wei San(マレーシア)
○松島輝空 3-0 JUMANOV Alibek(トルクメニスタン)

前出陸杜:2位 予選敗退
前出陸杜 0-3 ○GIL Minseok(韓国)
○前出陸杜 3-0 JONG Yik Kiat(シンガポール)

鈴木颯:2位 予選敗退
鈴木颯 2-3 ○CHANG Yu-An(チャイニーズタイペイ)
○鈴木颯 3-0 CHINTUGS Munkhtulga(モンゴル)

女子ジュニア予選リーグ

長﨑美柚:1位 予選突破
長﨑美柚 1-3 ○KUAI Man(中国)
○長﨑美柚 3-0 PAK Su Gyong(北朝鮮)

木原美悠:2位 予選敗退
○木原美悠 3-0 LYNE Karen(マレーシア)
木原美悠 2-3 ○LEE Daeun(韓国)

出澤杏佳:1位 予選突破
○出澤杏佳 3-0 CHAU Wing Sze(中国香港)
○出澤杏佳 3-0 WONG Xin Ru(シンガポール)

小塩遥菜:1位 予選突破
○小塩遥菜 3-0 PATIL Manushree(インド)
○小塩遥菜 3-0 ROSTAMI Kimia(イラン)

女子カデット予選リーグ

赤江夏星:1位 予選突破
○赤江夏星 3-2 SUN Xiaomeng(中国)
○赤江夏星 3-0 PILAISAENGSUREE Piyapath(タイ)

横井咲桜:1位 予選突破
○横井咲桜 3-0 POON Yat(中国香港)
○横井咲桜 3-0 PINYOPISAN Phantita(タイ)

張本美和:1位 予選突破
○張本美和 3-0 CHU Yi-Ching(チャイニーズタイペイ)
○張本美和 3-0 TAN Zhao Yun(シンガポール)

混合ダブルス

混合ダブルス1回戦
○宇田幸矢/木原美悠 3-0 JUHARI MUHAMAD Fa/TEE Ai Xin(マレーシア)

混合ダブルス2回戦
○宇田幸矢/木原美悠 3-1 PANG Yew En Koen/GOI Rui Xuan(シンガポール)

○戸上隼輔/長﨑美柚 3-1 PAU Yik Man/LEE Ka Yee(中国香港)

>>“年1300時間”練習 元百貨店マンに聞くメダリスト育成の極意<石田卓球クラブ#1>

文:ラリーズ編集部

コメント
0