吉村/戸上、圧勝で2回戦へ 混合複はメダルならず<アジア卓球選手権・ダブルス> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:吉村真晴(左)・戸上隼輔/提供:ittfworld

国際大会 吉村/戸上、圧勝で2回戦へ 混合複はメダルならず<アジア卓球選手権・ダブルス>

2019.09.18 文:ラリーズ編集部

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~22日>

大会4日目となる9月18日、男子ダブルスの1回戦と混合ダブルスの準々決勝が行われた。男子ダブルスからは吉村真晴(9月世界ランキング60位・名古屋ダイハツ)/戸上隼輔(同192位・野田学園高校)が登場し、地元インドネシアのペアと対戦した。ゲームカウント3-0で勝利し、19日の2回戦へと駒を進めた。

また準々決勝まで勝ち上がった戸上隼輔/芝田沙季(同27位・ミキハウス)は韓国の李尚洙(イサンス・同17位)/田志希(チョンジヒ・同20位)と対戦。

またもう1組の宇田幸矢(同84位・JOCエリートアカデミー/大原学園)/加藤美優(同25位・日本ペイントホールディングス)は中国香港の黄鎮廷(ウォンチュンティン・同16位)/杜凱琹(ドーホイキン・同11位)と対戦した。

日本ペアは2ペアとも敗れ、メダル獲得とはならなかった。

>>日本代表2ペアとも快勝 強敵揃いの準々決勝へ<アジア卓球選手権・混合複>

男子複:吉村/戸上ペアがインドネシアペアに快勝

男子ダブルス1回戦に登場した吉村/戸上ペアは、試合の序盤から1点ごとに声を出し、勢いに乗る。

地元ペアもホームでの声援を受けて存分に力を発揮したが、実力差で1ゲーム目を日本ペアが奪う。続く2ゲーム目も接戦になったが日本ペアが奪うと勢いそのままに3ゲーム目も奪い、ストレートで勝利した。

混合複:日本ペア2組とも準々決勝で敗れる


写真:オーストラリアオープンでの杜凱琹(写真左)と黄鎮廷(写真右・ともに中国香港)/提供:ittfworld

対する混合ダブルスでは準々決勝まで勝ち残った2ペアとも敗れる結果となった。

戸上/芝田ペアは、1,2ゲーム目ともに、ワールドツアーでの経験が豊富な韓国ペアに対して後手に回ってしまう。3ゲーム目にようやく五分の展開に持ち込めたかに見えたが、ゲームカウント2-0で優位に立つ韓国ペアから逆転の糸口をつかめずにストレートで敗れた。

宇田/加藤ペアは中国香港の男女エースペアと対戦。裏面でのレシーブが強い黄鎮廷に、ラリー力がある杜凱琹のコンビネーションを前に、宇田/加藤がサーブ権を持っていてもなかなか得点に結びつかない。3ゲーム目を大差で奪うも、中国香港ペアの地力の前に屈した。

>>金星の加藤美優 陳夢の持ち味封じた“クレバーな戦術”を徹底分析!<T2ダイヤモンド>

詳細スコア

〇吉村真晴/戸上隼輔 3–0 NIMAN Rafanael Nikola/ANNAFI Hafidh Nuur(インドネシア)
11-9/11-9/11-5

戸上隼輔/芝田沙季 0–3 〇李尚洙/田志希(韓国)
3-11/2-11/10-12

宇田幸矢/加藤美優 1–3 〇黄鎮廷/杜凱琹(中国香港)
7-11/6-11/11-2/6-11

>>インハイ王者・戸上隼輔がT.T彩たまに加入 “橋津一門”布陣が完成

※お詫びと訂正:当初公開しました記事内の選手名、記録に誤りがありました。
正:吉村/戸上ペア
誤:吉村/宇田ペア
選手、関係者ならびに読者の皆様にご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

男子ランキング
2020.10.23
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt