石川/平野、準優勝 中国ペアの堅守崩せず<卓球・スウェーデンオープン> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン
2019年10月1日~2019年10月6日・ストックホルム
2019.10.06

石川/平野、準優勝 中国ペアの堅守崩せず<卓球・スウェーデンオープン>

写真:石川佳純(全農・写真左)と平野美宇(日本生命・写真右)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 2019年10月1日~10月6日>

スウェーデンオープン大会5日目、女子ダブルス決勝が行われた。平野美宇(日本生命)/石川佳純(全農)ペアは、陳夢(チェンムン)/丁寧(ディンニン)ペアと対戦し、ゲームカウント1-3で敗れ、準優勝となった。

>>東京五輪金メダルへ 卓球王国・中国に強い日本選手は誰だ!<対中国勝率ランキング>

中国の世界ランク1位2位ペアに惜敗

丁寧・陳夢
写真:丁寧(写真左)・陳夢(写真右)/提供:ittfworld

1ゲーム目、エンジン全開の石川/平野ペアが主導権を握る。台上プレーやラリーで得点を積み重ね、1ゲーム目を日本ペアが先取した。

2ゲーム目は打って変わって中国ペアの展開に。日本ペアもチキータやカウンターなど強気なプレーを見せるが、中国ペアが跳ね返し、ゲームカウントは1-1の振出しに戻った。

前のゲームの勢い止まらず、3ゲーム目も0-3と中国ペアにリードを許したタイミングで、日本側がタイムアウトを要求する。タイムアウト後、日本ペアは、流れを変えるべく打点の早いツッツキや回り込みフォアドライブで点数をもぎ取るも、最後まで序盤の点差が埋まらずこのゲームも落としてしまう。

後がなくなった4ゲーム目、日本ペアも鋭い攻めを見せるが、中国ペアの安定感が1枚上手。ミスのないラリーを展開され、日本ペアは反撃の糸口を掴めずゲームカウント1-3で敗れた。

日本ペアは、それぞれ現在シングルスで世界ランク1位、2位の強敵である陳夢/丁寧ペアに1ゲームを奪うにとどまった。しかし、準決勝で中国香港の杜凱琹(ドゥホイカン)/李皓晴(リホチン)ペアを破るなど、しっかりと実力を示し次につながる銀メダルを獲得となった。

>>【卓球】東京五輪団体戦シード争いの鍵 オリンピックランキングとは

詳細スコア

平野美宇/石川佳純 1-3 〇陳夢/丁寧(中国)
11-5/5-11/8-11/4-11

>>【最新版】2020.1卓球五輪代表決定へ 佳境を迎える世界ランキング争い

文:ラリーズ編集部

コメント
0