伊藤美誠、中国勢以外で唯一の勝ち残り 大会連覇かける<スウェーデンオープン 最終日見どころ> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン
2019年10月1日~2019年10月6日・ストックホルム
2019.10.06

伊藤美誠、中国勢以外で唯一の勝ち残り 大会連覇かける<スウェーデンオープン 最終日見どころ>

写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 2019年10月1日~10月6日>

5日、スウェーデンOPは大会5日目が行われた。男女ダブルスと混合ダブルスの決勝が行われたほか、男女シングルスのベスト4が出揃った。

女子複、混合複で日本ペアが準優勝

女子シングルス準々決勝、日本選手で唯一勝ち残っていた伊藤美誠(スターツ)は世界ランク4位、20歳の王曼昱(ワンマンユ・中国)と対戦。伊藤は中国期待の若手を4-1で破り、見事準決勝進出を決めた。

混合ダブルス決勝
写真:混合ダブルス決勝/提供:ittfworld

また、伊藤は水谷隼(木下グループ)と組んだ混合ダブルス決勝に臨んだ。今年の世界選手権のチャンピオンペア、許昕/劉詩雯(シュシン/リュウスーウェン・中国)に対して、フルゲームの接戦となったが、惜しくも敗れ、準優勝に終わった。

女子ダブルスでは、平野美宇(日本生命)/石川佳純(全農)が決勝に進出。世界ランク1位、2位が組んだ陳夢/丁寧(チェンムン/ディンニン・中国)との決勝は、第1ゲームを奪うも逆転負けを喫した。“かすみう”は女子ダブルス準優勝に終わった。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

女子 最終日の見どころ

孫穎莎
写真:孫穎莎(中国)/提供:ittfworld

女子シングルス準決勝

陳夢(中国) – 劉斐(中国)
伊藤美誠 – 孫穎莎(中国)

女子シングルスは伊藤美誠が中国勢以外で唯一勝ち残った。準決勝の相手は中国の孫穎莎(スンイーシャ)。孫は伊藤と同じ18歳。同世代の頂上決戦とも言える試合となる。

準決勝もう1試合は、世界ランキング1位の陳夢と決勝トーナメント1回戦で石川佳純を破った中国のカットマン・劉斐の対戦だ。今年の世界選手権銀メダリストの陳夢は、劉斐のカットを撃ち抜くことができるだろうか。

伊藤は昨年のスウェーデンOPで優勝を果たしている。中国勢が待ち受ける準決勝、決勝を勝ち抜き、スウェーデンOP連覇、さらには2019年ツアー初優勝に期待だ。

>>名将・邱建新が語る!中国はなぜ卓球が強いのか?

男子 最終日の見どころ

林高遠
写真:林高遠/提供:ittfworld

男子シングルス準決勝

梁靖崑(中国) – 王楚欽(中国)
林高遠(中国) – 樊振東(中国)

男子シングルスは、ベスト4を中国が独占した。世界ランク2位の樊振東(ファンジェンドン)、4位の林高遠(リンガオユエン)、8位の梁靖崑(リャンジンクン)、22位の王楚欽(ワンチューチン)と、お馴染みの顔ぶれとも言える。中国の同士討ちと男子シングルスは、誰が頂点に立ってもおかしくはない、見応えのある試合が期待できる。

>>“伝説の中国越え男”・松平健太が語る中国の強さとは?

スウェーデンOP最終日 日本選手の結果

女子シングルス準々決勝

◯伊藤美誠 4-1 王曼昱(中国)

混合ダブルス決勝

水谷隼/伊藤美誠 2-3 ◯許昕/劉詩雯(中国)

女子ダブルス決勝

平野美宇/石川佳純 1-3 ◯陳夢/丁寧(中国)

文:ラリーズ編集部

コメント
0