伊藤美誠、中国越えで8強入り<卓球・ドイツオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ドイツOP初戦での伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

国際大会 伊藤美誠、中国越えで8強入り<卓球・ドイツオープン>

2019.10.11 文:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2019年10月8日~10月13日>

11日、ドイツオープンは4日目を迎え、女子シングルス2回戦が行われた。日本から伊藤美誠(スターツ)が登場し、中国の銭天一(チェンティエンイー)と対戦した。試合は、伊藤が圧巻のプレーを見せ、ゲームカウント4-2で勝利した。

>>名将・邱建新が語る!中国はなぜ卓球が強いのか?

伊藤、圧巻のプレーで準々決勝へ

銭天一は、今大会安藤みなみ(十六銀行)との激戦を制すなどし、予選から勝ち上がってきた。また、2018年世界ジュニア選手権女子シングルスでは金メダルを獲得している実力者だ。対する伊藤は、本戦1回戦で橋本帆乃香(ミキハウス)との日本人対決を制し、2回戦に駒を進めてきた。

伊藤は、序盤から(フォアとバックの)両ハンドでフラット打ちとドライブを織り交ぜるなど、持ち味を発揮し銭を翻弄する。対する銭も伊藤のバック側にロングサーブを集め、伊藤にレシーブで変化をつけさせず、次球を狙う作戦を試みる。しかし、百戦錬磨の伊藤は難なく処理して主導権を譲らず、ゲームカウント3-2とリードする。

6ゲーム目、伊藤はカットブロックなど持ち前のトリッキーなプレーを見せ、8-0と大量リードを奪う。そこから銭の追い上げを受けるも最後は伊藤が打ち込み11-7で勝負あり。ゲームカウント4-2で伊藤に軍配が上がった。

勝利した伊藤は、12日の準々決勝で石川佳純(全農)を下したヤン・シャオシン(モナコ)と対戦する。

>>2018スウェーデンOP徹底分析!中国の牙城崩した伊藤 Vの秘訣は唯一無二の“変化”にあり

詳細スコア

〇伊藤美誠 4-2 銭天一
11-6/11-7/9-11/11-8/10-12/11-7

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

男子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt