日本男子、準々決勝で強豪・ドイツと対戦 オーダーも発表<JA全農 卓球チームワールドカップ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:丹羽孝希(左)/吉村真晴/撮影:ラリーズ編集部

国際大会 日本男子、準々決勝で強豪・ドイツと対戦 オーダーも発表<JA全農 卓球チームワールドカップ>

2019.11.07 文:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

7日、JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会は予選リーグを終え、決勝トーナメントの組み合わせが抽選によって決定。グループBを2位で通過した日本男子代表の準々決勝の相手は、グループCを首位通過したドイツに決まった。日本対ドイツの試合は7日19時半に開始予定だ。

また、同時刻に行われる準々決勝では中国とアメリカが対戦する。日本が準々決勝を勝ち抜いた場合、次の準決勝ではこの試合の勝者と対戦する。

>>インタビューで振り返る「結果を残す思考法」#2 吉村真晴

欧州王者、ドイツに挑む


写真:フランチスカ(左)/ボル(ドイツ)/提供:ittfworld

ドイツはヨーロッパ随一の強豪国。2018年世界選手権では準優勝。そして、9月のヨーロッパ選手権では全試合3-0で勝利し、優勝を果たした。今大会のメンバーは世界ランク8位のティモ・ボル、同12位のドミトリ・オフチャロフ、同16位のパトリック・フランチスカの3選手。ヨーロッパチャンピオンに輝いた時と同じ顔ぶれだ。

日本とドイツの対戦はリオ五輪以来。準決勝で日本がドイツを下し、銀メダルを決めた試合だ。

>>卓球史に残る連覇の記録 3つの偉業とは

日本男子 予選での悔しさを晴らしベスト4なるか


写真:張本智和/撮影:ラリーズ編集部

予選リーグではイングランドに1-3に敗れ、2位通過となった日本男子代表。

注目はエース格としての活躍が期待される張本智和(木下グループ)。イングランド戦では相手のエース、ピッチフォードに惜しくも敗れた。しかし、次のオーストリア戦では気持ちを切り替え、2試合で3-0の快勝を挙げる活躍を見せた。ドイツ戦にむけて、張本の調子は上向きだ。

また、団体戦のトップであるダブルスが勝負のカギを握る。ドイツ戦もこれまで通り丹羽孝希(スヴェンソン)/吉村真晴(名古屋ダイハツ)の起用が予想される。リオ五輪のドイツ戦では同ペアが勝利を挙げ、日本の勝利に貢献した。この後のドイツ戦、丹羽/吉村ペアが日本を勝利へ導くか。

ベスト4をかけた準々決勝はこの後すぐ、19時半より始まる。

>>初日の結果はこちら

男子準々決勝 日本VSドイツ

丹羽孝希/吉村真晴 – パトリック・フランチスカ/ティモ・ボル

張本智和 – ドミトリ・オフチャロフ

吉村真晴 – ティモ・ボル

張本智和 – パトリック・フランチスカ

丹羽孝希 – ドミトリ・オフチャロフ

>>吉村真晴、飛躍。切り札「アップダウンサーブ」の裏側

男子ランキング
2020.08.13
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.13
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt