日本男子、卓球王国・中国へ挑む 張本・吉村・丹羽の対中国戦績を紹介<JA全農 卓球チームワールドカップ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
JA全農 ITTF 卓球ワールドカップ団体戦 2019 TOKYO
2019年11月6日~2019年11月10日・東京
2019.11.09

日本男子、卓球王国・中国へ挑む 張本・吉村・丹羽の対中国戦績を紹介<JA全農 卓球チームワールドカップ>

写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

チームワールドカップは大会4日目を迎え、男女準決勝が開始している。大会2日目にドイツに劇的勝利を収めた日本男子は、9日17時15分より中国と対戦する。現在チームワールドカップ7連覇中の中国は、言わずと知れた卓球界の絶対王者。日本男子は中国の牙城を崩せるのか。準決勝のオーダーは以下の通り。

男子準決勝 日本vs中国オーダー

丹羽孝希/吉村真晴 – 梁靖崑/許昕

張本智和 – 樊振東

吉村真晴 – 許昕

丹羽孝希 – 樊振東

張本智和 – 梁靖崑

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

今回は中国3選手と日本人選手の対戦成績を調査した。ITTF(国際卓球連盟)公式サイトに戦績が記載されているシングルス全試合を調査対象とし、各選手対戦成績を紹介する。

張本智和

張本智和
写真:張本智和/提供:ittfworld

VS 樊振東 1勝2敗

×2018年 チームワールドカップロンドン大会 0-3
〇2018年 アジアカップ予選 3-1
×2019年 アジアカップ 1-4

VS 梁靖崑 1勝2敗

×2017年 ジャパンオープン 1-4
×2018年 韓国オープン 0-4
〇2019年 カタールオープン 4-0

丹羽孝希

丹羽孝希
写真:丹羽孝希/提供:ittfworld

VS 樊振東 0勝11敗

2013年 東アジア競技大会 0-3
2014年 アジア競技大会 0-4
2015年 世界卓球選手権 1-4
2015年 アジア選手権 1-3
2016年 グランドファイナル 1-4
2017年 世界卓球選手権 1-4
2017年 アジアカップ 1-3
2018年 アジアカップ 1-4
2018年 中国オープン 1-4
2018年 オーストリアオープン 1-4
2018年 グランドファイナル 0-4

吉村真晴

吉村真晴
写真:ティモ・ボルに勝利した吉村真晴/提供:ittfworld

VS 許昕 0勝4敗

2012年 アジアカップ 0-3
2015年 ジャパンオープン 1-4
2015年 アジア選手権 0-3
2016年 カタールオープン 2-4

>>名将・邱建新が語る!中国はなぜ卓球が強いのか?

団体戦男・吉村が勝負の鍵

張本は今回対戦する樊振東(ファンジェンドン)、梁靖崑(リャンジンクン)ともに勝利をあげたことがある。特に梁靖崑に対しては直近の2019年カタールオープンでストレート勝ちを収めており、悪い印象はないだろう。

丹羽は樊振東と対戦する。これまで0勝11敗と苦手にしており、厳しい戦いになることが予想される。「徐々に調子は上がっている」と語る丹羽。持ち味の速攻で会場を魅了することができるか。

吉村は許昕(シュシン)との対戦が決まっている。これまで勝ち星をあげたことはないが、ジャパンオープンやカタールオープンでは、得意のサーブに許昕が戸惑う場面も見られた。約3年ぶりの対戦となる今回も吉村のサーブが鍵を握るだろう。吉村は準々決勝ドイツ戦でもティモ・ボル相手に初勝利をあげており、団体戦の吉村は一味も二味も違う。団体戦男・吉村のプレーに注目だ。

>>卓球・チームワールドカップ 歴代優勝一覧はこちら

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.11.15
世界
日本
1
樊振東(中国)
16250 pt
2
許キン(中国)
16160 pt
3
林高遠 (中国)
14975 pt
1
張本智和(日本)
13465 pt
2
丹羽孝希(日本)
10840 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.11.15
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16965 pt
2
劉詩文 (中国)
15360 pt
3
孫穎莎 (中国)
14895 pt
1
伊藤美誠(日本)
13340 pt
2
石川佳純(日本)
11805 pt
3
平野美宇(日本)
11375 pt
SNS
FOLLOW US