男子は中国が驚異の8連覇 勝負強さ光る<JA全農 卓球チームワールドカップ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:8連覇を達成した中国男子チーム/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 男子は中国が驚異の8連覇 勝負強さ光る<JA全農 卓球チームワールドカップ>

2019.11.10 文:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

10日、JA全農 2019ITTFチームワールドカップは大会最終日。男子決勝の中国対韓国は、第1試合のダブルスで韓国ペアが大逆転勝利をおさめ韓国がリードを奪った。

しかし、つづくシングルスで勝負強さを見せた中国が3-1で優勝を決めた。チームワールドカップ、驚異の8連覇を達成した。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

第2試合 樊振東がストレート勝利


写真:樊振東/撮影:ラリーズ編集部

第2試合は中国・樊振東(ファンジェンドン)と韓国・張禹珍(チャンウジン)の対戦。両者の対戦成績は樊の2勝だ。試合は、いずれのゲームも序盤までは点差が離れない展開に。しかしゲーム終盤で確実に得点を奪うのは樊振東。得意のバックハンドで得点を重ね張にゲームを与えない。

終始気迫のこもったプレーをみせた樊振東。最後は張の意表をつくバックロングサービスに対してフォアハンドで回り込み、勝利を決めた。世界ランク1位・樊振東の勝負強さが光る、ストレート勝利だった。


写真:張禹珍/撮影:ラリーズ編集部

>>名将・邱建新が語る!中国はなぜ卓球が強いのか?

第3試合 接戦を制した梁靖崑がダブルスのリベンジ果たす


写真:梁靖崑/撮影:ラリーズ編集部

第3試合は中国・梁靖崑(リャンジンクン)と韓国・鄭栄植(チョンヨンシク)の対戦。過去の対戦成績では梁靖崑が2勝とリードしている。直近の対戦は3月のカタールOPだ。両者ともに第1試合のダブルスに出場した選手。梁としてはダブルスのリベンジをかけた戦いとなった。

強烈なバックハンドを武器とする両者。試合は激しいバック対バックのラリーが随所で見られた。会場に詰めかけた観客も、手元のスティックバルーンを鳴らして両者にエールを送る。


写真:鄭栄植/撮影:ラリーズ編集部

第1ゲームは梁靖崑が奪ったものの、つづく2ゲームは鄭栄植が奪い返す。ゲームカウント2-1と鄭のリードで迎えた第4ゲーム。パワフルなボールの打ち合いが続き、手に汗握る接戦となる。デュースまでもつれたこのゲームを奪ったのは梁靖崑。15-13で、勝負は最終第5ゲームへ。

勝負の第5ゲーム。先に梁靖崑が6-2と大きくリード。中国ファンの応援を受け、序盤のリードを守り切った梁靖崑。勝利の瞬間、梁はラケットを床に置き、両手を突き上げて喜んだ。フルゲームを制した梁、ダブルスの雪辱を果たす貴重な1勝を挙げた。

>>英ピッチフォードに聞く「最強中国の倒し方」と「Tリーグ参戦のワケ」

第4試合 樊振東が李尚洙を圧倒


写真:李尚洙/撮影:ラリーズ編集部

第4試合は樊振東李尚洙(イサンス)の対戦。過去の対戦は樊の10勝と圧倒している。試合はその対戦成績通り、樊振東が優位に進め、2ゲームを先取。

第3ゲームも樊が先手を奪い、5-1とリードする。しかし、李尚洙も意地を見せ、5連続ポイントで逆転。このまま突き放したいところだったが、反撃もここまで。11-7で樊振東がこのゲームを奪い、ストレート勝利を決めた。

マッチカウントは3-1。中国の勝利、そして優勝が決まった。中国男子はチームワールドカップ8連覇を達成。大会を通して敗れた試合は決勝のダブルスのみ。東京五輪前哨戦でその強さを見せつけた。

>>卓球・チームワールドカップ 歴代優勝一覧|完全保存版

詳細スコア

○中国 3-1 韓国

許昕/梁靖崑 2-3 ○李尚洙/鄭栄植
11-8/11-4/10-12/7-11/10-12

○樊振東 3-0 張禹珍
11-8/11-8/11-9

○梁靖崑 3-2 鄭栄植
11-9/8-11/10-12/15-13/11-8

○樊振東 3-0 李尚洙
11-8/11-4/11-8

>>伊藤美誠「めっちゃ可愛い~ありがとう~」 チームW杯“応援団長”のピカチュウに感激

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt