張本/早田ペア、ポーランドペア下し本戦へ<卓球・オーストリアオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
張本/早田ペア、ポーランドペア下し本戦へ<卓球・オーストリアオープン>

写真:ジャパンオープンの早田ひな(日本生命・写真左)・張本智和(木下グループ・写真右)/提供:ittfworld

国際大会 張本/早田ペア、ポーランドペア下し本戦へ<卓球・オーストリアオープン>

2019.11.13 文:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 2019年11月12日~11月17日>

13日、オーストリアオープンの混合ダブルス予選2回戦に張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアが登場した。日本ペアは、ヤコブ・ディヤス/ナタリア・パルティカ(ポーランド)に対し、1ゲーム目こそ奪われるもゲームカウント3-1で勝利し、本戦進出を決めた。

>>早田ひな「楽しい卓球」から「楽しめる自分」へ たどり着いた新たな強さ

張本・早田ペア、ポーランドのパワーに苦しむも勝利

パルティカ・ディアス
写真:スウェーデンオープンのパルティカ(写真左)・ディアス(写真右)/提供:ittfworld

ポーランドペアの女子選手・パルティカは、生まれつき右手と前腕がない。パラ五輪のシングルスで4大会連続金メダルに輝くなど圧倒的な実績を持つ。2008年の北京大会では、五輪とパラ五輪の両方に出場した初の卓球選手として歴史に名を刻んだ。ポーランドを代表する選手の1人で、東京パラ五輪でもメダルの最有力候補として名が挙げられている。

試合では、日本ペアがポーランドペアのパワーに苦しみ、1ゲーム目を落としてしまう。2ゲーム目以降も、ディアス/パルティカペアは前陣での連打や中後陣からの引き返しなどラリーの展開に強く、各ゲーム競り合いが続く。しかし、ラリーになる前の展開での得点や、ラリーでも簡単なミスをせず粘り強く戦った張本・早田ペアが3ゲームを連取し、逆転勝ちを収めた。

これで張本/早田ペアは本戦進出が決まった。6月のジャパンオープンでは準優勝を果たした張本/早田ペア、オーストリアの地でどこまで勝ち上がるのか。2人の戦いから目が離せない。

>>早田ひな Tリーグ初のMVP 卓球三昧の18歳は「楽しさを忘れない」

詳細スコア

〇張本智和/早田ひな 3-1 ディヤス・ヤコブ/ナタリア・パルティカ(ポーランド)
9-11/11-7/11-7/11-6

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

男子ランキング
2020.07.16
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt