石川/平野ペア、快勝でベスト4進出<卓球・オーストリアオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・オーストリアオープン
2019年11月12日~2019年11月17日・リンツ
2019.11.15

石川/平野ペア、快勝でベスト4進出<卓球・オーストリアオープン>

写真:スウェーデンオープンの石川佳純(全農・写真左)、平野美宇(日本生命・写真右)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 2019年11月12日~11月17日>

15日、大会4日目を迎えたオーストリアオープンでは、女子ダブルス・準々決勝が行われた。予選から勝ち上がった石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)ペアが登場し、アメリカのウー・ユエ(アメリカ)/チャン・リリー(アメリカ)ペアと対戦。ゲームカウント3-1で石川/平野ペアに軍配があがった。

>>3度目の五輪目指す石川佳純 強さの源は“プロ意識”にあり!?

“かすみう”ペアが準決勝進出

石川・平野
写真:香港オープンの時の石川佳純(全農・写真右)、平野美宇(日本生命・写真左)/提供:ittfworld

1ゲーム目、立ち上がりから相手のネットインなどアンラッキーな展開で、悪い展開のまま0-7まで離された石川/平野ペア。その流れのまま1ゲーム目を5-11で落とす。

2ゲーム目、序盤から石川のキレのあるカウンターなどで点数を重ねリードする。その後、相手ペアの粘り強いラリーに苦しみ、試合は一進一退の展開になるも、タイムアウト明けの激しいラリーを制した石川/平野ペアが2ゲーム目を取り返す。

3ゲーム目、台上の小さな展開から得点を重ね、リードをキープしたまま11-4で石川/平野ペアが3ゲーム目を奪取する。

4ゲーム目、前の流れをそのままに、早い打点での連続攻撃から相手を突き放す。常に安定感のあるプレーを見せた石川/平野ペアが最後は石川のフリック強打で決め、ゲームカウント3-1で勝利をおさめた。

勝利した石川/平野ペアは、続く準決勝でチャイニーズタイペイの陳思羽(チェンズーユ)/鄭先知(ジェンシェンチー)と決勝進出をかけ対戦する。

>>逆襲の石川佳純 “3連敗の教訓活かした3つの戦術”とは

詳細スコア

〇石川佳純/平野美宇 3-1 ウー・ユエ/チャン・リリー
5-11/11-7/11-4/11-5

>>【動画あり】平野美宇「Tリーグの成功が卓球の“人生”を変える」【卓球・Tリーグ開幕直前インタビュー】

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.10
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US