張本/早田が4強入り 同士討ち制す<卓球・オーストリアオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
張本/早田が4強入り 同士討ち制す<卓球・オーストリアオープン>

写真:張本智和(木下グループ)、早田ひな(日本生命)/提供:ittfworld

国際大会 張本/早田が4強入り 同士討ち制す<卓球・オーストリアオープン>

2019.11.15 文:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 2019年11月12日~11月17日>

15日、大会4日目を迎えたオーストリアオープンでは、混合ダブルス・準々決勝が行われた。予選から勝ち上がった張本智和(11月世界ランキング5位・木下グループ)/早田ひな(同25位・日本生命)ペアが登場し、同じく日本の水谷隼(同13位・木下グループ)/伊藤美誠(同7位・スターツ)ペアと対戦。ゲームカウント3-1で張本・早田ペアに軍配があがった。

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

同士討ちは張本/早田に軍配

1ゲーム目から大きな声を出して戦う張本・早田ペアに対して、冷静な水谷・伊藤ペア。積極的な攻撃と厳しいコース取りで張本・早田ペアが11-6で1ゲーム目を奪う。

2ゲーム目の中盤までは水谷・伊藤ペアの丁寧な台上技術に翻弄されてリードを許すも、粘り強いラリーで逆転した張本・早田ペアが2ゲーム目も連取する。

迎えた3ゲーム目では激しいラリー戦が繰り広げられ、一進一退の展開になる。しかし水谷の堅いブロックと、伊藤のバック面での変化が功を奏して水谷・伊藤ペアが1ゲームを取り返す。

4ゲーム目、序盤から随所に張本のカウンターが光り、主導権を手にした張本・早田ペアがいい流れのまま11-8で4ゲーム目も奪取。ゲームカウント3-1で勝利を手にした。

>>早田ひな Tリーグ初のMVP 卓球三昧の18歳は「楽しさを忘れない」

詳細スコア

張本・早田
写真:張本智和(木下グループ)、早田ひな(日本生命)/提供:ittfworld

〇張本智和/早田ひな 3-1 水谷隼/伊藤美誠
11-6/11-8/8-11/11-8

>>早田ひな 黄金世代対決を制し、韓国のカットマンと8強かけて対戦<卓球・オーストリアオープン 4日目見どころ>

男子ランキング
2020.08.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.12
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt