早田ひな 黄金世代対決を制し、韓国のカットマンと8強かけて対戦<卓球・オーストリアオープン 4日目見どころ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・オーストリアオープン
2019年11月12日~2019年11月17日・リンツ
2019.11.15

早田ひな 黄金世代対決を制し、韓国のカットマンと8強かけて対戦<卓球・オーストリアオープン 4日目見どころ>

写真:ベラルーシOPでの早田ひな/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 2019年11月12日~11月17日>

現地時間14日、オーストリアOPの本戦が始まった。各種目の決勝トーナメント1回戦が終了し、シングルスはベスト16が、ダブルスはベスト8が出そろった。

男子単は丹羽孝希と張本智和が16強

張本智和
写真:張本智和/提供:ittfworld

男子シングルスでは、及川瑞基(専修大学)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)、張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、水谷隼(木下グループ)の5選手が1回戦に臨み、丹羽孝希と張本智和が初戦を突破した。

丹羽はベネディクト・デューダ(ドイツ)に、張本はルーウェン・フィルス(ドイツ)にそれぞれ勝利し、ベスト16進出を決めた。及川は樊振東(ファンジェンドン・中国)に、吉村真晴は林昀儒(リンインジュ・チャイニーズタイペイ)にともに0-4で敗れ、水谷はTリーグにも参戦するリアム・ピッチフォード(イングランド)に3-4で惜しくも敗れた。

>>英ピッチフォード、“うつ”を乗り越えた過去を告白「同じ悩みを持つ人を助けたい」

女子単は早田、佐藤ら5選手が16強

佐藤瞳
写真:佐藤瞳/提供:ittfworld

女子シングルスでは安藤みなみ(十六銀行)、早田ひな(日本生命)、木原美悠(JOCエリートアカデミー)、伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)、佐藤瞳(ミキハウス)の7選手が1回戦に臨み、早田ひな、木原美悠、伊藤美誠、石川佳純、佐藤瞳の5選手が2回戦にコマを進めた。

注目の日本勢対決、早田ひな対平野美宇は早田が4-0で勝利した。同学年でしのぎを削る両者の対戦。接戦が予想されたが試合は早田が終始押し切った。佐藤瞳は中国の張瑞(ジャンルイ)を4-2で下して2回戦進出を決めた。

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

14日、日本のダブルスは全勝

ダブルスでは、14日に出場した日本の全ペアが初戦に勝利しベスト8入りを決めた。男子ダブルスでは森薗政崇(BOBSON)/吉村真晴が、女子ダブルスでは平野美宇/石川佳純と木原美悠/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)が、そして混合ダブルスでは張本智和/早田ひなと水谷隼/伊藤美誠が、2回戦にコマを進めている。

>>森薗政崇インタビュー 「恐怖のオヤジ」1日7時間の練習…「俺は卓球マシーンか!」

男子シングルス 見どころ

丹羽孝希
写真:丹羽孝希/提供:ittfworld

男子シングルス2回戦

張本智和 - ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)
丹羽孝希 - マティアス・ファルク(スウェーデン)

15日、男子シングルスは2回戦が行われる。張本智和はオフチャロフとの対戦。先週のチームワールドカップの再戦となった。そのときは張本が3-1で勝利しているが、選手のコンディションや戦術は試合ごとに変わる。2週連続で強敵を倒し、ベスト8進出を決めたいところだ。

丹羽孝希、2回戦の相手は今年の世界選手権準優勝のファルク。両者の対戦はジュニア時代から続くが、直近の対戦、T2ダイヤモンドでの試合はファルクが勝利している。丹羽は直近10月のスウェーデンOP、ドイツOPではともにベスト16止まり。昨年のオーストリアOPではベスト8に入った丹羽。プラチナ大会の今大会でベスト16の壁を破り、1年ぶりのツアーベスト8進出をかける。

>>チームW杯 張本智和、オフチャロフとの熱戦制す

女子シングルス 見どころ

徐孝元
写真:徐孝元(韓国)/提供:ittfworld

女子シングルス2回戦

木原美悠 - 朱雨玲(ジュユリン・中国)
石川佳純 - 王藝迪(ワンイーディ・中国)
伊藤美誠 - 佐藤瞳
早田ひな - 徐孝元(ソヒョウォン・韓国)

女子シングルス2回戦、注目は伊藤美誠対佐藤瞳の日本勢対決。両者の直近の対戦は10月のスウェーデンOPで伊藤の勝利。過去の対戦も伊藤が大きく勝ち越しているが、このプラチナ大会で佐藤は意地を見せたいところだ。

木原と石川はともに中国選手との対戦。木原は第1シードの朱雨玲に挑み、ジャイアントキリングを狙う。石川の相手、王藝迪は世界ランクこそ石川に劣るものの、過去の対戦では王の2勝。石川は中国の壁を破り、佳境を迎える五輪代表争いで優位に立てるか。

平野美宇をストレートで下し、好調ぶりがうかがえる早田はカットマンの徐孝元と対戦する。大逆転での五輪代表へ、落とせない一戦だ。

>>【徐孝元#1】韓国の女神 “チョコパイ”目当てで始めた卓球 「異国の地でもひとりじゃない」

ダブルス 見どころ

男子ダブルス準々決勝

森薗政崇/吉村真晴 - ダニエル・ハーベソン/ロベルト・ガルドシュ(オーストリア)

女子ダブルス準々決勝

木原美悠/長﨑美柚 - 崔孝珠/梁夏銀(韓国)
平野美宇/石川佳純 - ウー・ユエ/チャン・リリー(アメリカ)

混合ダブルス準々決勝

水谷隼/伊藤美誠 - 張本智和/早田ひな

15日、ダブルス各種目は準々決勝と準決勝が行われる。男子の森薗/吉村は地元オーストリアペアと対戦。女子は日本から2ペアが登場。木原/長﨑は韓国ペアと、平野/石川はチームW杯で予選突破するなど勢いに乗るアメリカから、ウー/チャンと対戦する。混合ダブルスは注目の日本勢対決。ベスト4進出をかけた戦いに注目だ。

>>スポーツ界のデータ分析が活発化 卓球界のデータ分析事情を探る

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.12
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.12
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US