丹羽孝希、4強かけて"南米の天才"と対戦<卓球・オーストリアオープン5日目見どころ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・オーストリアオープン
2019年11月12日~2019年11月17日・リンツ
2019.11.16

丹羽孝希、4強かけて“南米の天才”と対戦<卓球・オーストリアオープン5日目見どころ>

写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・オーストリアオープン 2019年11月12日~11月17日>

15日、オーストリアオープンは大会4日目を迎えた。シングルスは2回戦が行われ、ベスト8が決まった。ダブルスは準々決勝と準決勝が行われた。

男子シングルスでは、丹羽孝希(スヴェンソン)が世界卓球準優勝のマティアス・ファルク(スウェーデン)との熱戦を制し、日本勢唯一の8強入りを決めた。張本智和(木下グループ)はドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)にフルゲームの末敗れ、チームワールドカップに続く勝利とはならなかった。

女子シングルスでは、伊藤美誠(スターツ)と早田ひな(日本生命)がベスト8進出となった。注目の対戦カードとなった伊藤と佐藤瞳(ミキハウス)の同士討ちは4-1で伊藤が勝利した。早田は韓国のカットマン徐孝元(ソヒョウォン)をストレートで下す好調ぶりを見せた。木原美悠(JOCエリートアカデミー)、石川佳純(全農)は中国勢に挑み、ともにゲームを奪い食らいついたが敗れ、ベスト8進出はならなかった。

男子ダブルスでは、森薗政崇(BOBSON)/吉村真晴(名古屋ダイハツ)ペアが準々決勝でオーストリアペアに競り勝ち、準決勝では中国の梁靖崑(リャンジンクン)/林高遠(リンガオユエン)に挑んだ。フルゲームの激戦となったが最後は中国ペアに軍配が上がり、ベスト4という結果になった。

女子ダブルスには木原美悠/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー)ペアと平野美宇(日本生命)/石川佳純ペアが出場。木原/長﨑は準々決勝、準決勝でともに韓国ペアをフルゲームで破り、決勝進出を決めた。平野/石川はアメリカペアを下すも、準決勝で陳思羽(チェンズーユ)/鄭先知(ジェンシェンチー・チャイニーズタイペイ)にフルゲームで敗れ、ベスト4となった。

混合ダブルスでは準々決勝で水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠と張本智和/早田ひなの日本勢対決となり、張本/早田が勝利した。張本/早田は続く準決勝もフランスペアに勝利し、決勝へとコマを進めた。

大会5日目となる16日は、シングルスの準々決勝とダブルスの決勝が行われる予定だ。

>>丹羽孝希、セレモニーに出演 小池都知事との対戦も!?

男子シングルス 見どころ

カルデラノ
写真:ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)/提供:ittfworld

男子シングルス 準々決勝

丹羽孝希 – ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)

ベネディクト・デューダ(ドイツ)、マティアス・ファルクといったヨーロッパの実力者たちを下してベスト8入りを果たした丹羽。準々決勝では、南米の天才・ウーゴ・カルデラノと対戦する。

パワーのある両ハンドと、身体能力の高さを生かした変幻自在のプレーが強みの選手だ。カルデラノは2回戦では鄭栄植(チョンヨンシク・韓国)に快勝しており、強さを見せている。丹羽はこの難敵を攻略し、ベスト4進出を決められるか。

>>カルデラノが見せた、テニスさながらの”股抜きショット”!

女子シングルス 見どころ

伊藤美誠
写真:伊藤美誠/提供:ittfworld

女子シングルス 準々決勝

伊藤美誠 – 鄭怡静(チェンイージン・チャイニーズタイペイ)
早田ひな – 銭天一(チェンティエンイ・中国)

女子シングルスは伊藤と早田が準々決勝に臨む。伊藤は、Tリーグにも参戦しているチャイニーズタイペイのエース・鄭怡静と対戦する。昨年のワールドツアーグランドファイナルではフルゲームで敗れている相手だ。

早田は中国の銭天一と対戦。早田とは同い年で、将来的にライバルとなりうる存在だ。世界ランクこそ71位とそこまで高くはないが、今大会では劉詩雯(リュウスーウェン・中国)を破って勝ち上がってきており、かなりの実力者であることは間違いない。伊藤、早田ともに激戦になることが予想される。五輪に向けた争いも佳境を迎える中、どこまで勝ち上がることができるか。

>>伊藤美誠が「アスリートイメージ評価調査」でトップ5入り!

ダブルス 見どころ

張本/早田
写真:張本智和と早田ひな/提供:ittfworld

女子ダブルス 決勝

木原美悠/長﨑美柚 – 陳思羽(チェンズーユ)/鄭先知(ジェンシェンチー・チャイニーズタイペイ)

女子ダブルスは木原美悠/長﨑美柚ペアが決勝を迎える。相手は準決勝で平野美宇/石川佳純を破っているタイペイペアだ。非常に攻撃的なペアなので、木原/長﨑がいかに先手を取れるかが勝負の鍵となるだろう。ここまで3試合連続でフルゲームを制してきた木原/長﨑。その強い精神力で優勝を掴むことができるか。

混合ダブルス 決勝

張本智和/早田ひな – 林高遠(リンガオユエン)/朱雨玲(ジュユリン・中国)

水谷/伊藤との同士討ちを制して勝ち上がってきた張本/早田ペア。決勝では中国の林高遠/朱雨玲と対戦する。中国のトップランカー同士のペアではあるが、過去に両者が組んだ経験は少ないため、連携の差で勝負したいところだ。東京五輪では新たな種目として加わる混合ダブルス。ぜひとも優勝を勝ち取り、五輪へ弾みをつけたい。

>>長崎美柚の“かわいすぎる”ショートヘアにコメント殺到!

オーストリアオープン 4日目の結果

男子シングルス2回戦

張本智和 3-4 ○ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)
○丹羽孝希 4-2 マティアス・ファルク(スウェーデン)

女子シングルス2回戦

木原美悠 1-4 ○朱雨玲(ジ中国)
石川佳純 2-4 ○王藝迪(ワンイーディ・中国)
○伊藤美誠 4-1 佐藤瞳
○早田ひな 4-0 徐孝元(韓国)

男子ダブルス準々決勝

○森薗政崇/吉村真晴 3-1 ロベルト・ガルドシュ/ダニエル・ハーベソン(オーストリア)

男子ダブルス準決勝

森薗政崇/吉村真晴 2-3 ○梁靖崑/林高遠(中国)

女子ダブルス準々決勝

○木原美悠/長﨑美柚 3-2 梁夏銀(ヤンハウン)/崔孝珠(チェヒョジュ・韓国)
○平野美宇/石川佳純 3-1 ウー・ユエ/チャン・リリー(アメリカ)

女子ダブルス準決勝

○木原美悠/長﨑美柚 3-2 田志希(チョンジヒ)/申裕斌(シェンユービン・韓国)
平野美宇/石川佳純 2-3 ○陳思羽/鄭先知(チャイニーズタイペイ)

混合ダブルス準々決勝

水谷隼/伊藤美誠 1-3 ○張本智和/早田ひな

混合ダブルス準決勝

○張本智和/早田ひな 3-2 エマニュエル・ルベッソン/ YUAN Jia Nan(フランス)

>>女子ダブルス決勝に臨む、木原美悠のプロフィールはこちら!

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US