石川佳純、世界女王に敗れる 五輪代表権は平野の結果待ち<卓球・グランドファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアーグランドファイナル
2019年12月12日~2019年12月15日・鄭州
2019.12.12

石川佳純、世界女王に敗れる 五輪代表権は平野の結果待ち<卓球・グランドファイナル>

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部
<ITTFワールドツアーグランドファイナル 2019年12月12日~12月15日>

12日、ITTFグランドファイナルの女子シングルス1回戦で石川佳純(全農)が劉詩雯(リュウスーウェン・中国)に0-4で敗れた。

劉は今年の世界選手権と女子ワールドカップ(いずれもシングルス)を制しており、世界最強と評される選手。石川と劉は直近では9月のアジア選手権で対戦しており、その際も石川が0-3で敗れていた。

敗れた石川は、直後に同じ台で行われる平野美宇、王芸迪(ワンイーディ・中国)戦の結果を待つ。現時点では世界ランキングポイントで石川が僅差でリードしており、平野が敗れれば石川の五輪シングルス代表入りが決定する。

>>3度目の五輪目指す石川佳純 強さの源は“プロ意識”にあり!?

解説:世界選手権金メダルの劉に挑んだ石川佳純


写真:劉詩雯(中国)/撮影:ラリーズ編集部

石川は前週のノースアメリカンOPで優勝した勢いを維持し、思い切りの良い攻撃を見せる。特にバックハンドが冴え、劉のフォアサイドへの攻撃を効果的に使う。一方の劉は石川の武器であるフォアハンド強打を封じるべく、序盤から石川のバックサイドを徹底して突く戦術を選択する。

1ゲーム目を落とした石川は、2ゲーム目もリードされる苦しい展開から粘りを見せデュースに追いつくと、得意のフォア強打、台から下げられたところからのバックブロック強打などで好ゲームを展開する。しかし劉も負けじと応戦し、勝負どころでのラリーで石川を打ち負かし2ゲーム目も劉がデュースで取る。

第3、第4ゲームも石川がチキータから果敢に攻めるも、劉は安定したラリーでストレート勝ち。地元中国で強さを見せた。

>>【卓球】東京五輪団体戦シード争いの鍵 オリンピックランキングとは

詳細スコア


写真:石川佳純(右)とベンチでアドバイスを送る邱コーチ/撮影:ラリーズ編集部

石川佳純 0-4 劉詩雯(中国)
7-11/12-14/7-11/9-11

>>水谷/伊藤ペア、完勝で4強入り 「出るからには優勝狙う」<卓球・グランドファイナル>

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.01.26
世界
日本
1
樊振東(中国)
16915 pt
2
許キン(中国)
16475 pt
3
馬龍 (中国)
15975 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9420 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.01.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US