平野美宇が王のパワーに屈す 東京五輪シングルス代表権は石川佳純の手に<卓球・グランドファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアーグランドファイナル
2019年12月12日~2019年12月15日・鄭州
2019.12.12

平野美宇が王のパワーに屈す 東京五輪シングルス代表権は石川佳純の手に<卓球・グランドファイナル>

写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部
<ITTFワールドツアーグランドファイナル 2019年12月12日~12月15日>

12日、ITTFグランドファイナルの女子シングルス1回戦で平野美宇(日本生命)が王芸迪(ワンイーディ・中国)に1-4で敗れ、東京五輪シングルスの代表権を逃した。

先に敗れていた石川佳純(全農)が平野を世界ランキングポイントで上回り、伊藤美誠(スターツ)に続く東京五輪シングルス代表権を獲得した。

平野はシングルスの代表権は逃したものの、女子3人目の団体戦メンバー(日本卓球協会による推薦)として、東京五輪への出場の可能性が残されている。

>>平野美宇(日本生命)のかわいいオフショット記事まとめ

パワーの王芸迪にスピードで対抗した平野美宇


写真:王芸迪(中国)/撮影:ラリーズ編集部

王芸迪は6月の香港オープンで石川佳純と伊藤美誠を、10月のドイツオープンで平野美宇を破っている日本選手キラー。台から少し距離を取り、強烈なフォアハンドドライブで決めるパワー卓球が特長だ。パワーの王に平野は持ち味である高速卓球で対抗した。

1ゲーム目は試合序盤に硬さが見られた平野が落とす。2ゲーム目はロングサーブも織り交ぜ、思い切りのよい攻撃を見せて5-0とリード。王のパワーボールにも対応しはじめる。しかしながら王も台上バックハンドで平野のフォア側を冷静に突くなどのプレーで、6-5まで追いつく。平野はたまらずタイムアウトを取るも流れを変えられず逆転を許す。以降もなかなか有効な戦術を見いだせない平野はゲームカウント0-3と後がなくなる。

4ゲーム目は開き直った平野が覚醒する。得意の両ハンド強打で王をリードすると、バックハンドの連打が決まり1ゲームを取り返す。しかしながら、続く第5ゲームは王のパワーに対抗できずゲームカウント1-4で敗れた。

>>【卓球】東京五輪団体戦シード争いの鍵 オリンピックランキングとは

詳細スコア

平野美宇 1-4 ◯王芸迪(中国)
6-11/7-11/6-11/11-6/5-11

>>水谷/伊藤ペア、完勝で4強入り 「出るからには優勝狙う」<卓球・グランドファイナル>

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.07.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US