前年王者・張本智和、世界4位の伊藤が登場 2日目がスタート<卓球・グランドファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアーグランドファイナル
2019年12月12日~2019年12月15日・鄭州
2019.12.13

前年王者・張本智和、世界4位の伊藤が登場 2日目がスタート<卓球・グランドファイナル>

写真:2019男子ワールドカップの張本智和/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアーグランドファイナル 2019年12月12日~12月15日>

12日、ITTFグランドファイナルが幕を開けた。石川佳純(全農)が平野美宇(日本生命)との五輪シングルス代表選考レースに打ち勝つなど、大きな意味を持つ1日になった。

12日 日本選手の結果

伊藤水谷
写真:伊藤美誠(写真右)・水谷隼(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

石川、平野ともにシングルス1回戦で中国選手敗れる結果になったが、佐藤瞳(ミキハウス)はリオ五輪金メダリスト丁寧(ディンニン・中国)に勝利し、13日の準々決勝に進んだ。

一方のダブルスでは、水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)組が混合ダブルスで準決勝進出を決めた他、長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/木原美悠(JOCエリートアカデミー)組も女子ダブルスで準決勝に駒を進めた。

>>佐藤瞳、リオ金・丁寧に金星 8強入り

13日 日本選手の試合予定

大会2日目の13日は、伊藤、水谷、張本智和(木下グループ)のシングルス1回戦や、佐藤の準々決勝、水谷/伊藤組と長﨑/木原組の準決勝が行われる。

シングルス

水谷は、敗れると東京五輪シングルスの代表権を逃すことになる。対戦相手は世界ランク6位、ブラジルのカルデラノだ。勝って自力での五輪代表に望みをつなぐことができるか、注目が集まる。

昨年の同大会で最年少優勝を果たしている張本は、ドイツのフランチスカと対戦する。世界ランキング4位の伊藤は鄭怡靜(チャイニーズ・タイペイ)との1回戦に勝てば、準々決勝で佐藤と相まみえる予定だ。

>>張本智和、15歳で史上最年少V

ダブルス

木原長﨑
写真:木原美悠(右)、長崎美柚/撮影:ラリーズ編集部

ダブルスは各種目で準決勝が行われ、女子ダブルスでは長﨑/木原組が世界選手権優勝ペアの孫穎莎/王曼昱(中国)組と対戦する。

混合ダブルスでは「出るからには優勝を狙う」と意気込んでいる水谷/伊藤組が第1シードの黄鎮廷(ウォンチュンティン)/杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港)組に挑む。百戦錬磨の水谷は混合ダブルスについて「(五輪で)優勝できるチャンスもある」と話しており、期待が膨らむ。

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.01.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
16915 pt
2
許キン(中国)
16475 pt
3
馬龍 (中国)
15975 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9420 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.01.22
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US