佐藤瞳、リオ金・丁寧に金星 8強入り<卓球・グランドファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアーグランドファイナル
2019年12月12日~2019年12月15日・鄭州
2019.12.13

佐藤瞳、リオ金・丁寧に金星 8強入り<卓球・グランドファイナル>

写真:佐藤瞳(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアーグランドファイナル 2019年12月12日~12月15日>

12日、ITTFグランドファイナルの女子シングルス1回戦でカットマンの佐藤瞳(ミキハウス)がリオ五輪金メダリスト丁寧(ディンニン・中国)に4-2で勝利した。佐藤は、地元札幌開催のジャパンオープンでも丁寧を下しており、2連勝となった。

>>佐藤瞳、リオ五輪金メダリスト丁寧に大金星 地元の大声援を力に

佐藤、粘りのラリーで会場を沸かせる

平野美宇(日本生命)と王藝迪(ワンイーディ・中国)という注目の試合が隣の台で行われる中、佐藤は丁寧に対して粘り抜いた。

第1ゲームを落とすも、第2ゲームはカットの粘りに加え、攻撃も織り交ぜる。最後はロビング(台から離れた場所からボールを高く上げることで凌ぐ守備的な技術)で丁寧のミスを誘い、ゲームを奪い返した。

第3ゲームは丁寧が制すも、第4ゲーム以降試合は佐藤ペースに。丁寧はカットマンが苦手とされるミドルを攻めたり、緩急をつけ佐藤を前後に揺さぶるが、佐藤が一本を多く粘りを見せる。時折見せるロビングやカットでの長いラリーには、目の肥えた中国の卓球ファンも大歓声を送る。

佐藤び積極的な攻めや要所でのサービスエースも光り、最後は丁寧のフォアドライブがネットを越えずゲームセット。ジャパンオープンに続き、リオ五輪金メダリスト・丁寧を下した。

勝利した佐藤は、準々決勝で伊藤美誠(スターツ)と鄭怡静(チェンイージン・チャイニーズタイペイ)の勝者と対戦する。

>>【頭で勝つ!卓球戦術】戦型別攻略法!~対カットマン基本戦術編~

詳細スコア


写真:またしても佐藤に敗れた丁寧/撮影:ラリーズ編集部

〇佐藤瞳 4-2 丁寧(中国)
4-11/11-4/7-11/11-8/11-9/11-4

>>下回転サーブの最適なレシーブとは?トップ選手に学ぶレシーブ講座

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.02.18
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.02.18
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US