木原/長崎ペア圧巻の優勝、日本勢2連覇を決める<卓球・グランドファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアーグランドファイナル
2019年12月12日~2019年12月15日・鄭州
2019.12.15

木原/長崎ペア圧巻の優勝、日本勢2連覇を決める<卓球・グランドファイナル>

写真:長﨑美柚(左)・木原美悠/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアーグランドファイナル 2019年12月12日~12月15日>
15日、ITTFグランドファイナルの女子ダブルス決勝に日本の長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/木原美悠(JOCエリートアカデミー)ペアが登場。韓国の田志希(チョンジヒ)/梁夏銀(ヤンハウン)ペアに3ー0で勝利し、昨年の伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)ペアに続く日本勢連覇を果たした。

17歳の長﨑と15歳の木原は、11月のオーストリアオープン、12月の世界ジュニアに続く国際大会でのダブルス優勝。本大会準決勝では、今年の世界選手権優勝の中国・孫穎莎(スンイーシャ)/王曼昱(ワンマンユ)を下す金星を挙げるなど破竹の勢いを見せている。

決勝では10月のドイツオープン決勝で敗れていた韓国ペアを圧倒し、充実した戦いぶりを見せた。

>>木原美悠 平成最後の全日本 “シンデレラガール”誕生の裏側

日本ペア、10月に敗れていた韓国ペアを圧倒


写真:長﨑美柚(右)・木原美悠/撮影:ラリーズ編集部

1ゲーム目は韓国にリードされる苦しい展開ながらも8-9から木原がバックハンド、フォアハンドでのカウンターを2本連続で決めて10-9と先にゲームポイントを握る。その後デュースに追いつかれるも、長﨑が思い切りの良いロングサーブでサービスエースを取るとそのまま12-10でゲームを先取する。

第2ゲーム、第3ゲームも長崎の要所でのロングサーブなどで勢いを維持し韓国ペアを圧倒。ストレート勝ちであっさり優勝を決めた。

>>木原美悠インタビュー 卓球女子、令和の星が明かす“意外な悩み”

詳細スコア

長崎美柚/木原美悠 3-0 田志希/梁夏銀(韓国)
12-10/11-6/11-6

>>【卓球】長﨑美柚のアヒル走りが「可愛い」と話題に 緊迫した決勝の微笑ましい一幕

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.02.23
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.02.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US