平野/石川、2大会連続優勝狙う<卓球カタールオープン複・見どころ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ハンガリーオープン優勝の石川佳純(全農)・平野美宇(日本生命・写真右)ペア/提供:ittfworld

国際大会 平野/石川、2大会連続優勝狙う<卓球カタールオープン複・見どころ>

2020.03.02 文:ラリーズ編集部

<卓球・ITTFワールドツアープラチナ カタールオープン 2020年3月3日~8日>

コロナウイルスの影響で世界卓球選手権が延期となるなど、国際大会においても今後の動向が分からない事態となっているが、5日よりITTFワールドツアー・カタールオープンが開幕する。今回はカタールオープンの男女ダブルス、混合ダブルスの見どころを紹介していく。

>>3度目五輪へ石川佳純「最高のプレーをしたい」 ロンドン、リオではメダル獲得

混合ダブルス見どころ


写真:ハンガリーオープンの水谷隼(木下グループ)・伊藤美誠(スターツ・写真右)ペア/提供:ittfworld

日本からは水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペアの1組がエントリーしている。水谷・伊藤ペアは、第1シードを所持しており、本戦からの出場となる。

東京五輪を見据えたペアであるが、先月行われたハンガリーオープンでは水谷が首の痛みを訴え途中棄権となっている。水谷のサーブとラリーの安定感、伊藤のバックハンドの表ソフトの変化とフォアハンドの強烈な攻撃で、タイトル獲得なるか。2人の試合に注目だ。

男子ダブルス見どころ


写真:ポルトガルオープンの宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園・写真左)戸上隼輔(野田学園高)ペア/提供:ittfworld

日本からは張本智和(木下グループ)/森薗政崇(BOBSON)ペアと宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)/戸上隼輔(野田学園高)ペアの2組がエントリーしている。

張本・森薗ペアは予選から、宇田・戸上ペアは第6シードで本戦からの出場となる。

両ハンドドライブの安定感と威力を持つ張本と、強烈なチキータと俊敏なフットワークを活かしたフォアの連続攻撃を得意とする森薗のペアが国際大会でどこまで勝ち上がることができるのか見物だ。

宇田・戸上ペアは、先月のハンガリーオープンから連続での参加となる。昨年のクロアチアオープンで優勝を飾り、以降の国際大会でも活躍している。宇田は前陣でのチキータとカウンター、戸上は両ハンドの高速で威力のあるドライブが持ち味で攻撃型のペアと言える。カタールの地でタイトル獲得なるか。2人の活躍から目が離せない。

女子ダブルス見どころ


写真:世界ジュニア選手権を制した長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)・木原美悠(JOCエリートアカデミー・写真右)ペア/提供:ittfworld

日本からは木原美悠(JOCエリートアカデミー)/長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアと、石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)ペアの2組がエントリー。

木原・長崎ペアは第1シード、石川・平野ペアは第4シードでともに本戦からの出場となる。木原・長崎ペアは昨年のグランドファイナルと世界ジュニア選手権で優勝を飾るなど、今最も勢いのあるペアの1つだ。両者ともに威力重視のドライブを打つことが多い攻撃型のダブルス。今大会も持ち前の実力で優勝を飾ることができるのか必見だ。

石川・平野ペアもまた、先月のハンガリーオープンで優勝し、波に乗っている。ワールドツアーでも上位に進むことが多いこのペアがタイトルを獲得するのか。

両ペアは昨年の香港オープンで対戦し、3-1で木原・長崎ペアが勝利している。今大会で再びこの2組が交わることがあるのか。こちらにも注目しておきたい。

男子ランキング
2020.08.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.12
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt