水谷隼/伊藤美誠、危なげなくベスト8へ<卓球・カタールオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン
2020年3月3日~2020年3月8日・ドーハ
2020.03.05

水谷隼/伊藤美誠、危なげなくベスト8へ<卓球・カタールオープン>

写真:水谷隼(木下グループ)と伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン 2020年3月2日~3月8日>

5日、カタールオープンは3日目を迎え混合ダブルス本戦の1回戦が行われた。日本からは第1シードの水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)が登場し、JEVTOVIC Marko/SURJAN Sabina(セルビア)と対戦した。カタールでの初戦は調整しながらもゲームカウント3-0のストレートで勝利を収めた。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

みまじゅん、快勝で8強へ


写真:水谷隼(木下グループ)と伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

2月末に行われたハンガリーオープンでは水谷の怪我のため棄権となり、ドイツオープンぶりの国際大会となった日本ペア。優勝候補筆頭に挙げられる水谷/伊藤は1ゲーム目から長いレシーブを多用し、積極的に攻めを仕掛ける。終始主導権を握り続けた水谷/伊藤が1ゲーム目、大差をつけて先制。

続く2ゲーム目以降も、伊藤が前陣でのバックプッシュや水谷のバックドライブで得点する場面が増え、ラリーでも圧倒。3ゲーム目は一時リードを許す場面もあったが、7連続得点で逆転し、危なげなくベスト8へと駒を進めた。

詳細スコア

○水谷隼/伊藤美誠 3-0 JEVTOVIC Marko/SURJAN Sabina(セルビア)
11-5/11-5/11-7

>>水谷隼「実は1年間、球がほとんど見えない」深刻な目の症状を告白

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.05.29
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.05.29
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US