18歳コンビの宇田/戸上、激戦の末香港ペアに惜敗<卓球・カタールオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン
2020年3月3日~2020年3月8日・ドーハ
2020.03.06

18歳コンビの宇田/戸上、激戦の末香港ペアに惜敗<卓球・カタールオープン>

写真:2019年クロアチアOPの、積極的にチキータから仕掛ける宇田/戸上/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン 2020年3月2日〜3月8日>

6日、大会4日目を迎えたカタールオープンは、男子ダブルスの準々決勝が行われ、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)/戸上隼輔(野田学園高)が、中国香港のエースダブルス・黄鎮廷(ウォンチュンティン)/何鈞傑(フージュンジェ)と対戦した。

試合は、18歳の同級生・宇田/戸上ペアが積極的な攻撃で中国香港ペアを追い詰めるも、最後は相手の多彩な技術に苦しみ、激戦の末敗退した。

>>卓球界の次世代ホープ・戸上隼輔 リオ銀吉村育てた名将と歩んだ高校生王者への道

宇田/戸上、抜群のコンビネーションみせるも香港の強豪ペアに惜敗


写真:ハンガリーOPでの宇田幸矢(写真左)/戸上隼輔(写真右)/提供:ittfworld

相手の中国香港ペアは、ダブルス世界ランキング5位の強敵だ。しかし、戸上は、野田学園高の先輩である吉村真晴(名古屋ダイハツ)と組んだ2019年9月のアジア卓球選手権で、同ペアを破りメダルを獲得している。

第1ゲーム、0-0から宇田がいきなり2本ロングサーブを出すという強気の立ち上がり。両選手チキータで先に仕掛け、連続攻撃で攻め立てる。しかし、黄鎮廷/何鈞傑も流石の対応力をみせ、得点を積み重ねる。特に左利きの何鈞傑のバックドライブに苦しみ、相手ペアに先制を許した。

しかし、第2ゲーム、戸上がレシーブをストップに変更し、宇田の台上バックドライブで先手を取りに行く展開に。中盤で一気にリードを広げると、戸上の強烈なバックハンドが何本も相手コートを駆け抜け、11-2でこのゲームを奪った。

勢いに乗った宇田/戸上は、第3ゲーム、レシーブでチキータとストップを混ぜ、相手ペアに的を絞らせない。宇田のロングサーブから戸上の3球目攻撃、戸上のハーフロングサーブから宇田の回り込みカウンタードライブなど、自在のコンビネーションをみせ、勝利まであと1ゲームに迫った。


写真:多彩な技術を披露した黄鎮廷(写真右)/何鈞傑(写真左)ペア/提供:ittfworld

しかし、第4ゲームは一転して香港ペアのペースに。宇田/戸上のチキータミスが多くなり、逆に黄鎮廷が強烈なドライブを連発。ネットインなどアンラッキーなポイントも重なり、勝負は最終ゲームに持ち越された。

最終ゲームも香港ペアの勢いは止まらない。黄鎮廷の多彩な台上技術に苦しみ、またストップが台から少し出てしまい、香港ペアに先に攻撃されてしまう。宇田のチキータも黄鎮廷のカットブロックに捕まり、最後は戸上のドライブがネットを越えず。

黄鎮廷/何鈞傑の中国香港エースダブルスが多彩な技術をみせ、激戦を制し準決勝へと駒を進めた。

詳細スコア

戸上隼輔/宇田幸矢 2-3 ○黄鎮廷/何鈞傑(中国香港)
5-11/11-2/11-8/5-11/5-11

>>【黄鎮廷#1】香港のエース・黄鎮廷、世界最高のペンホルダーへの軌跡

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.07.09
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.09
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US