伊藤美誠、8強入り カットマン・佐藤瞳に7連勝<卓球・カタールオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン
2020年3月3日~2020年3月8日・ドーハ
2020.03.06

伊藤美誠、8強入り カットマン・佐藤瞳に7連勝<卓球・カタールオープン>

写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン 2020年3月2日〜3月8日>

6日、大会4日目を迎えたカタールオープンの女子シングルス2回戦で伊藤美誠(スターツ)が佐藤瞳(ミキハウス)を下し、準々決勝に駒を進めた。

>>伊藤美誠が“楽しむ姿勢”貫くワケ

伊藤美誠、圧巻のカット打ちで佐藤に7連勝


写真:天敵・伊藤に7連敗の佐藤瞳(ミキハウス)/提供:ittfworld

両者の国際大会での対戦実績は伊藤が9勝1敗で勝ち越しており、2019年では5度の対戦全てで勝利している。直近も2020年2月のハンガリーオープンで対戦があり、伊藤が4-2で勝利を収めていた。

今回も伊藤が圧巻のカット打ちで得点を積み重ねる。スマッシュで広角に打ち分けたかと思えば、ストップで佐藤を前後に揺さぶる。佐藤も攻撃を織り交ぜて変化をつけようと試みるが、伊藤が落ち着いてブロックしシャットアウト。

1点を取るために佐藤はリスクを負わざるを得ず、必然的にミスが増える。最後まで落ち着いて打ち続ける伊藤に軍配が上がった。

昨年はリオ五輪金メダリストの丁寧(ディンニン・中国)を下すなど活躍を見せた佐藤。昨年に続き今年も、カット打ちの上手い日本人との対戦をいかに制するかが課題となる。

一方、勝利した伊藤は、準々決勝でシンガポールのエース・馮天薇(フォンティエンウェイ)と対決する。

詳細スコア

〇伊藤美誠 4-1 佐藤瞳
11-7/11-4/11-5/10-12/11-7

>>“黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.07.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.06
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US