加藤vs塩見、日本人対決の行方は<卓球・オマーンオープン4日目見どころ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:加藤美優(日本ペイントホールディングス)/提供:ittfworld

国際大会 加藤vs塩見、日本人対決の行方は<卓球・オマーンオープン4日目見どころ>

2020.03.14 文:ラリーズ編集部

<ITTFチャレンジプラス・オマーンオープン 2020年3月11日~3月15日>

大会3日目の13日、オマーンオープンの本戦がスタートし、男子シングルスの2回戦までと女子シングルス1回戦、混合ダブルスの準決勝までが行われた。日本からはシングルス1回戦に加藤美優(日本ペイントホールディングス)と塩見真希(ミキハウス)の2人が登場した。

>>水色からネイビーへ 髪色変えた加藤美優、“カッコ可愛い”ショット披露

3日目シングルス総括


写真:塩見真希(ミキハウス)/提供:ittfworld

女子シングルス1回戦には加藤美優と塩見真希の2人が登場した。加藤はDUTTA Moumita(インド)に4-0で勝利した。また、塩見はPATKAR Madhurika(インド)と対戦し、1ゲームを落としたものの4-1で勝利。両選手とも順調に1回戦を突破した。

大会4日目となる14日は、男女シングルス準々決勝まで、ダブルス準決勝まで、混合ダブルス決勝、U21シングルス決勝までの試合が行われる。

大会4日目 見どころ


写真:2019年のアジア選手権での佐藤瞳(ミキハウス)/提供:ittfworld

女子シングルス2回戦

佐藤瞳-GASNIER Laura(フランス)
橋本帆乃香-曾尖(シンガポール)
加藤美優-塩見真希

U21女子シングルス準決勝

塩見真希-TRIGOLOS Daria(ベラルーシ)

14日の女子シングルス2回戦では加藤と塩見の日本勢対決が実現。国際大会での対決は2018年のスロベニアオープン以来で、その時は4-3で加藤に軍配が上がった。2019年7月のT2ダイヤモンド4位入賞の実績を持つ加藤に対し、U21種目でポルトガルオープン優勝などの活躍をしている塩見がどのような戦いぶりをみせるか、注目だ。

また、2回戦には1回戦シードの佐藤瞳、橋本帆乃香(ともにミキハウス)らも登場する。世界でもトップクラスのカットマンである両選手、上位進出に向けていいスタートを切ることができるか。

塩見はU21でも勝ち進んでおり、準決勝に臨む。2種目参加でハードなスケジュールの中、優勝を掴むことができるか、注目だ。

オマーンオープン3日目 日本選手の結果

女子シングルス1回戦

◯加藤美優 4-0 DUTTA Moumita(インド)
◯塩見真希 4-1 PATKAR Madhurika(インド)

>>世界卓球(団体)代表に“カット型”佐藤瞳が初選出 気になる「選考基準」とは

男子ランキング
2020.10.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.22
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt