世界ランク1位・陳夢がW杯初優勝 伊藤は3位入賞<卓球・女子W杯最終日総括> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:表彰台に上がった左から孫穎莎、陳夢、伊藤美誠/提供:ittfworld

国際大会 世界ランク1位・陳夢がW杯初優勝 伊藤は3位入賞<卓球・女子W杯最終日総括>

2020.11.10 文:ラリーズ編集部

<ITTF 女子ワールドカップ 2020年11月8日~10日>

10日、中国威海市で行われている女子ワールドカップは準決勝と3位決定戦・決勝が行われ、3日間の全日程を終えた。優勝は世界ランク1位の陳夢(チェンムン・中国)、準優勝が孫穎莎(スンイーシャ・中国)と、国際大会の再開初戦でも中国が強さを見せた。日本の伊藤美誠(スターツ)は3位決定戦でハン・イン(ドイツ)を破り、3位入賞となった。

>>3度目の五輪目指す石川佳純 強さの源は“プロ意識”にあり!?

陳夢がW杯初優勝

女子決勝は17、18、19年のグランドファイナルで3連覇を果たしている陳夢と、20歳の孫穎莎との中国対決だった。第1ゲームは接戦となるが13-11で孫が先取する。しかしその後は陳夢が圧倒。4ゲームを連取してゲームカウント4-1で中国対決を制した。


写真:W杯準優勝の孫穎莎(中国)/提供:ittfworld

陳夢は今回がW杯初優勝。群雄割拠の中国勢のなかで、存在感を示した。

伊藤は”ドイツの壁”を打ち抜き3位

最終日まで勝ち残っていた日本の伊藤美誠は、準決勝で同じく2000年生まれの孫穎莎と対戦した。伊藤はゲームカウント0-3のビハインドから2ゲームを奪い返すも、孫を崩しきれずゲームカウント2-4で敗れ、決勝進出はならなかった。


写真:ハン・イン(ドイツ)/提供:ittfworld

つづく3位決定戦ではカットマンのハン・インと対戦。ハン・インは準決勝で陳夢を最終ゲームまで追い詰めた堅い守備をほこる。しかし、カットマンとの相性が良い伊藤はその“ドイツの壁”を打ち抜いた。4-0と圧倒し、再開初戦の女子W杯で3位入賞を果たした。

中国が最高の“再スタート”を切って閉幕 戦いは男子W杯へ

新型コロナウイルスによる約8か月の中断期間を経て再開した国際大会、通称#RESTARTシリーズの初戦、女子ワールドカップは中国勢がワンツーフィニッシュを果たし、再開後もやはり中国がその強さを見せつけた。


写真:中国勢に次ぐ3位で大会を終えた伊藤美誠/提供:ittfworld

日本勢はともに中国の孫穎莎に敗れ、伊藤が3位、石川佳純(全農)がベスト8となった。つづくシリーズ第三戦、ITTFファイナルでのリベンジに期待したい。

#RESTARTシリーズは数日間のブレイクを経て、第二戦の男子ワールドカップが13日、同じ会場で開幕する。日本からは張本智和(木下グループ)と丹羽孝希(スヴェンソン)が参戦。彼らの“再スタート”にも注目だ。

女子ワールドカップ最終日 詳細スコア

準決勝

伊藤美誠(日本) 2-4 〇孫穎莎(中国)
10-12/8-11/6-11/12-10/11-4/4-11

〇陳夢(中国) 4-3 ハン・イン(ドイツ)
4-11/11-8/11-8/11-9/7-11/9-11/11-4

3位決定戦

〇伊藤美誠 4-0 ハン・イン
11-2/11-7/11-9/11-4

決勝

〇陳夢 4-1 孫穎莎
11-13/11-6/11-9/11-6/11-8

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?


>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

男子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt