伊藤美誠、自己最高の3位入賞 8ヵ月ぶり国際大会も実力健在<卓球・女子W杯> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

国際大会 伊藤美誠、自己最高の3位入賞 8ヵ月ぶり国際大会も実力健在<卓球・女子W杯>

2020.11.10 文:ラリーズ編集部

<ITTF 女子ワールドカップ 2020年11月8日~10日>

10日、女子ワールドカップは大会最終日を迎え、3位決定戦に伊藤美誠(最新世界ランキング2位・スターツ)が登場しハン・イン(ドイツ)を下し、女子ワールドカップ自己最高成績の3位入賞を決めた。

>>準決勝の結果 伊藤美誠、黄金世代対決に敗れる 怒涛の反撃も中国越えならず

カットマンに滅法強い伊藤がハン・インと対戦

伊藤は、田志希(ジョンジヒ・韓国)、陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズタイペイ)を下し、準決勝で、孫穎莎(スンイーシャ・中国)にゲームカウント2-4で敗れた。一方のハン・インは、準決勝で世界ランク1位の陳夢(チェンムン・中国)を相手にゲームカウント3-4の大接戦を演じている。


写真:ハン・イン(ドイツ)/提供:ittfworld

伊藤とハン・インは、直近では2020年のハンガリーオープンで対戦があり、その際はゲームカウント4-1で伊藤が勝利を収めている。

今回の3位決定戦は、カットマンに滅法強い伊藤と、世界ランク1位を追い詰めたハン・インの3位決定戦となった。

>>伊藤美誠がカットマンに滅法強いワケ

伊藤、圧巻のカット打ちで3位入賞

試合は、伊藤が圧巻のプレーを見せる。ハン・インのカットの変化をものともせず、両ハンドで鋭い打球を打ち込んでいく。

カットの展開では分が悪いと判断したハン・インは、攻めに転じるが、攻撃型の選手を打ち破ってきた伊藤はものともせずシャットアウト。1ゲーム目は11-2で伊藤に軍配が上がった。


写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

2ゲーム目以降も攻めの手を緩めない伊藤は、鋭いスマッシュをカットマンの弱点であるミドル(体の正面)や両サイドに叩き込み続け、ハン・インは為す術なし。

終わってみればゲームカウント4-0の完勝で、伊藤が女子ワールドカップ自己最高成績となる3位入賞を決めた。

試合後、伊藤は「今の試合は良かったと思いますし、私らしいプレーがやっとできたかなと思う。準決勝で負けてしまって、気持ちを早く切り替えることができたので、そこは良いところだったかなと思いました。今回のワールドカップ自体は50点くらい」と振り返った。

約8ヵ月ぶりの国際大会となった女子ワールドカップ。伊藤は準決勝で孫穎莎(中国)に苦杯を喫したものの、中国選手以外は全く寄せ付けず、世界ランク2位の実力をまざまざと世界に見せつけた。

女子W杯3位決定戦結果

〇伊藤美誠 4-0 ハン・イン(ドイツ)
11-2/11-7/11-9/11-4

ハン・インのインタビューはこちら

>>TOP名古屋ハン・イン 日本に愛着「自分を試したい」 キムタク好きの一面も

男子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt