女子W杯3位の伊藤美誠、8強入り 香港エースを寄せつけず<卓球・ITTFファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

国際大会 女子W杯3位の伊藤美誠、8強入り 香港エースを寄せつけず<卓球・ITTFファイナル>

2020.11.20 文:ラリーズ編集部

<ITTFファイナル 11月19日~22日 中国・鄭州>

20日、ITTFファイナルは大会2日目を迎え、伊藤美誠(最新世界ランキング2位・スターツ)が杜凱琹(同15位・中国香港)をゲームカウント4-1で下し、準々決勝へ駒を進めた。

>>早田ひなと伊藤美誠の“みまひな”ツーショットに「可愛いすぎる」の声

中9日で女子W杯3位の伊藤が登場

男女各16選手によるトーナメントが行われるITTFファイナルは、各国のトップ選手のみが参戦しており、ハイレベル。初日の19日では張本智和(木下グループ)、石川佳純(全農)含む日本勢4選手が初戦で姿を消していた。

11月8~10日で行われた女子ワールドカップで3位に入賞した伊藤は、中9日での試合となった。


写真:杜凱琹(中国香港)/提供:ittfworld

対戦相手は中国香港のエース・杜凱琹。ジュニア時代から中国香港を支えてきた24歳の杜凱琹は、Tリーグ・木下アビエル神奈川にファーストシーズンから参戦しており、日本でも馴染みのある選手だ。

直近では19年3月のカタールOPで対戦し、その時は伊藤が4-0で勝利している。

>>杜凱琹(ドゥホイカン)の使用用具・大会成績・プロフィール

伊藤と杜凱琹の対決

試合は、YGサーブにチキータ、中陣からのドライブと男子のような卓球を見せる杜凱琹に対し、伊藤は前陣でのスマッシュや多彩なバリエーションのサービスといったオリジナルな卓球で対抗する展開で進んだ。


写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

デュースにもつれこんだ第1ゲームは伊藤が先取した。伊藤は、第2ゲームこそ落としたものの、杜凱琹のドライブに対し調整完了と言わんばかりに鋭いカウンタースマッシュを連発する。

そのまま第3ゲーム以降を3連取し、ゲームカウント4-1で準々決勝進出を決めた。

勝利した伊藤は、20日20時50分(日本時間)から王藝迪(ワンイーディ・同12位・中国)との対戦が予定されている。伊藤は王藝迪に対して通算1勝3敗と負け越しているが、どのような戦いになるか注目だ。

試合結果

〇伊藤美誠 4-1 杜凱琹(中国香港)
13-11/6-11/11-6/11-5/11-6

>>伊藤美誠、本田真凛の祝福に「ありがとうだいすき!」 “可愛いがすぎる”ツーショットが話題

男子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt