台湾卓球のエース林昀儒 中国超級リーグは黒星デビュー | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

国際大会 台湾卓球のエース林昀儒 中国超級リーグは黒星デビュー

2020.12.22 文:ラリーズ編集部

<卓球・中国スーパーリーグ 広州市長龍 12月21日~29日>

21日、世界最高峰の卓球王国・中国でスーパーリーグ(超級リーグ)が開幕した。

今回は中国選手だけでなく、男子は林昀儒(リンインジュ・チャイニーズタイペイ)、女子は、杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港)、アドリアーナ・ディアス(プエルトリコ)、チャン・リリー(アメリカ)、田志希(チョンジヒ・韓国)、鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)の男女計6選手が海外から参戦している。


写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

林昀儒は山東魏橋チームで、女子5選手は「ITTFワールドプロフェッショナルズ」という1チームを結成し参加する。

>>異例の初参戦 中国超級リーグにディアス、杜凱琹ら海外組オンリーチームが出場

林昀儒、シングルスデビューは黒星

今大会は、1番ダブルス、2~5番がシングルスという東京五輪と同形式が採用された。


写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

世界ランク9位の梁靖崑(リャンジンクン)擁する山東魏橋でプレーする世界ランク7位の林昀儒。デビュー戦は、周启豪(ジョウチーホウ)と組んだダブルスで勝利するも袁励岑にシングルスで敗れた。

林昀儒の試合結果

山東魏橋 3-1 深圳宝安明金海

〇周启豪/林昀儒 3-1 任浩/袁励岑
〇梁靖崑 3-0 鄭培峰
林昀儒 1-3 〇袁励岑
〇梁靖崑 3-2 任浩

海外女子5選手は勝利

杜凱琹、ディアス、チャン・リリー、田志希、鄭怡静の5選手で臨むITTFワールドプロフェッショナルズは、初戦で深圳大学と対戦した。


写真:鄭怡静(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

世界ランク10位の王藝迪(ワンイーディ)、同1位の陳夢(チェンムン)、同2位の孫穎莎(スンイーシャ)と実力者揃いの深圳大学が、実力差を見せつけ、オールストレートで勝利を飾った。


写真:陳夢(チェンムン・中国)/提供:ittfworld

続く、黒龍江華信永剛との試合では、鄭怡静が第2マッチで同83位の孫銘陽(スンミンヤン)に敗れたものの、第4マッチで斉菲(チーフェイ)を下し、チームを中国スーパーリーグ初勝利に導いた。

22日、林昀儒の所属する山東魏橋は2試合、ITTFワールドプロフェッショナルズは1試合が予定されている。

ITTFワールドプロフェッショナルズの試合結果

深圳大学 3-0 ITTFワールドプロフェッショナルズ

〇王藝迪/孫穎莎 3-0 鄭怡静/アドリアーナ・ディアス
〇陳夢 3-0 チャン・リリー
〇孫穎莎 3-0 アドリアーナ・ディアス

ITTFワールドプロフェッショナルズ 3-1 黒龍江華信永剛

〇杜凱琹/田志希 3-1 齐菲/蒯曼
鄭怡静 0-3 〇孫銘陽
〇田志希 3-0 蒯曼
〇鄭怡静 3-2 斉菲

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?

>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

男子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt