水谷、丹羽ら4名がベスト16進出 張本、大島が次戦で中国選手と<カタールOP> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン
2019年3月26日(火)~2019年3月31日(日) ・ドーハ
2019.03.29

水谷、丹羽ら4名がベスト16進出 張本、大島が次戦で中国選手と<カタールOP>

写真:水谷隼(木下グループ)/撮影:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ カタールオープン(ドーハ) 2019年3月26日~3月31日>

28日、カタールオープンは決勝トーナメントが始まった。男子シングルスでは、決勝進出した6名の日本男子選手のうち大島祐哉(3月度世界ランキング31位・25歳)=木下グループ=、丹羽孝希(同9位・24歳)=スヴェンソン=、水谷隼(同10位・29歳)=木下グループ=、張本智和(同4位・15歳)=JOCエリートアカデミー=の4名がベスト16進出となった。

張本、丹羽が日本人対決を制す

決勝トーナメント初戦では2試合の日本人対決が行われた。1つは吉村真晴(同26位・25歳)=名古屋ダイハツ=と丹羽の試合。この試合では丹羽がその持ち味を発揮し、4‐2で吉村を下した。もう1つは張本と森薗政崇(同45位・23歳)=岡山リベッツ=の世界卓球代表選手対決。張本が最初2ゲームをデュースで奪った勢いのまま、森薗の反撃に屈さず、4‐1で勝利した。

大島が地元カタール選手に快勝

大島は開催国カタールの選手、モハマド・アブドゥルワハブ(同262位・19歳)=カタール=と対戦したが、アウェイの空気に臆さず、ストレートで快勝した。水谷はアンドレイ・ガチーナ(同61位・32歳)=クロアチア=の棄権により不戦勝となった。

男子シングルス、次の対戦カードは

29日はラウンド16の試合が行われる。大島は第1シードの許昕(同2位・29歳)=中国=、丹羽はパトリック・フランジスカ(同16位・26歳)=ドイツ=と、水谷はパベル・シルーチェク(同82位・26歳)=チェコ=と、張本は梁靖崑(同13位・22歳)=中国=と準々決勝進出をかけて対戦する予定だ。

カタールOP2日目 日本男子選手の結果

<男子シングルス ラウンド32>
〇大島祐哉 4-0 モハマド・アブドゥルワハブ(カタール)
12-10/11-2/11-4/11-4

吉村真晴 2-4 〇丹羽孝希
7-11/11-8/11-3/9-11/1-11/12-14

〇水谷隼 不戦勝 アンドレイ・ガチーナ(クロアチア)

〇張本智和 4-1 森薗政崇
12-10/14-12/11-6/9-11/11-6

文:ラリーズ編集部

コメント
0