【卓球】張本智和、1度も勝ったことがない相手にも完勝で4回戦進出<世界卓球2019> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019世界卓球選手権大会ブダペスト大会・個人戦
2019年4月21日(日)~2019年4月28日(日)・ブダペスト
2019.04.24

【卓球】張本智和、1度も勝ったことがない相手にも完勝で4回戦進出<世界卓球2019>

写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ittfworld

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

24日、世界選手権の男子シングルス3回戦が行われ、張本智和(4月度世界ランキング4位・15歳)=木下グループ=がフレイタス(同26位・31歳)=ポルトガル=を下し、16強入りを決めた。

張本はこれまで勝ったことがないフレイタスに対し、序盤から気合十分。相手の得意とするYGサーブをものともせず、チキータを振り切り、第1ゲームを先取した。

張本の高速卓球に対して、リーチを活かしながら台から下がって時間を作るフレイタス。張本はこの作戦に少し苦戦したが、タイムアウトを使いながらデュースでゲームを連取した。

これで流れをつかんだ張本は続く第3ゲームも落ち着いた試合運びでフレイタスを寄せ付けず。11-7でゲームを奪うと、第4ゲームも完璧な形で相手を封じ込め、1度も勝ったことがない相手に対し、ストレートで勝利を収めた。

試合のスコア

<男子シングルス 3回戦>
張本智和 4-0 フレイタス(ポルトガル)
11-8/14-12/11-7/11-7

フレイタスのラバー・パンケーキ?

世界卓球2019関連記事

世界卓球2019関連記事一覧
文:ラリーズ編集部

コメント
0