五輪代表・石川/平野ペア、歓喜の決勝進出 中国の牙城崩す<卓球・ドイツオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・ドイツオープン
2020年1月28日~2020年2月2日・マグデブルク
2020.02.01

五輪代表・石川/平野ペア、歓喜の決勝進出 中国の牙城崩す<卓球・ドイツオープン>

写真:決勝進出を決めた石川佳純平野美宇(写真右)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2020年1月28日~2月2日>

ドイツオープン大会4日目の女子ダブルス準決勝で石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)が、中国の丁寧(ディンニン)/孫穎莎(スンイーシャ)を下し、決勝へ駒を進めた。

東京五輪代表の“かすみう”ペアが中国の牙城崩す


写真:決勝進出で歓喜の抱擁 石川佳純・平野美宇/提供:ittfworld

世界ランク2位の19歳・孫穎莎と同7位の29歳・丁寧の中国ペア。対するは、東京五輪代表に選出された同11位の19歳・平野と同9位・26歳の石川だ。伊藤美誠(スターツ)らと同じく2000年生まれの19歳右腕と、20代後半のサウスポーが組んだダブルス同士の対決となった。

五輪の団体戦でもダブルス起用が予想される石川/平野の“かすみう”ペアにとって、中国ペアの牙城を崩し弾みをつけたい1戦。第1ゲームを中国ペアに奪われ、日本ペアが追いかける展開となった。

第2ゲームもリードする中国ペアを日本ペアが追いかける展開が続く。平野のサービスエースや、石川と平野の息の合ったラリーで終盤に8-8と追いつき、そのまま11-8で第2ゲームを奪取した。

第3ゲームは台上の細かなプレーで中国に先手を取らせず、日本ペアが序盤からリードを広げ、第3ゲームも奪い、勝利に王手をかけた。

フルゲームに持ち込まれたくない日本ペアは、勝負の第4ゲームも抜群のコンビネーションでラリーを展開し、リードを奪う。10-10のデュースにもつれるが、石川のバックフリックが決まりマッチポイント。最後は平野のドライブに対して孫穎莎がオーバーミスし、勝負あり。

勝利の瞬間、歓喜の抱擁を見せた“かすみう”ペアが、嬉しい決勝進出を決めた。決勝戦では同じく中国の陳夢(チェンムン)/王曼昱(ワンマンユ)ペアと対戦する。

2戦連続中国の壁を越え、来る東京五輪に向け大きな一歩を踏み出せるか注目の一戦だ。

詳細スコア


写真:日本ペアに苦杯を喫した丁寧(写真手前)・孫穎莎/提供:ittfworld

〇石川佳純/平野美宇 3-1 丁寧/孫穎莎(中国)
10-12/11-8/11-7/12-10

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.07.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.05
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US