伊藤美誠、4強入りならず リオ五輪女王の壁高く<卓球・ドイツオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・ドイツオープン
2020年1月28日~2020年2月2日・マグデブルク
2020.02.01

伊藤美誠、4強入りならず リオ五輪女王の壁高く<卓球・ドイツオープン>

写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2020年1月28日~2月2日>

ドイツオープン大会5日目、女子シングルス準々決勝で伊藤美誠(スターツ)が丁寧(ディンニン・中国)と対戦し、ゲームカウント1-4で苦杯を喫した。

伊藤美誠、リオ五輪金メダリストと対決

中国の丁寧は、リオ五輪女子シングルス金メダリストの長身左腕だ。2019年は3度対戦があり、カタールOPでは伊藤が0-4で敗れたものの、中国OPでゲームカウント4-1で勝利、オーストリアOPでもゲームカウント3-4で惜敗と伊藤は世界女王と互角の戦いを見せてきた。

今回の試合は、第1ゲームに6-4と伊藤が一時リードするも痛恨のサービスミスなどで逆転を許し、第1ゲームは丁寧に軍配が上がる。第2ゲームは、投げ上げサーブやカットブロック、逆チキータと伊藤が多彩な技術を見せ、13-11で取り返した。

第3ゲーム序盤、丁寧が台にラケットをぶつけ、ラバーが欠けるアクシデントが起きゲームは一時中断する。丁寧は予備のラケットを使用し、ゲームは再開となった。10-8と伊藤がゲームポイントを握るも、そこからリオ五輪女王の粘りに屈し、12-14で丁寧が1ゲームをリードした。

第4ゲームは、タイムアウトもとり要所を締めた丁寧がゲームを奪い、王手をかけた。第5ゲームも1点ごとに声を出し得点を重ねた丁寧が奪い、ゲームカウント4-1でリオ五輪女王・丁寧に勝利の女神は微笑んだ。

敗れた伊藤は、水谷隼(木下グループ)と組んだ混合ダブルスで決勝戦が残っている。許昕(シュシン)/劉詩雯(リュウスーウェン)ペアとの対戦となる混合ダブルスで中国越えを目指す。

詳細スコア


写真:丁寧(ディンニン・中国)/提供:ittfworld

伊藤美誠 1-4 〇丁寧(中国)
7-11/13-11/12-14/8-11/5-11

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.02.26
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.02.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US