伊藤美誠、決勝へ リオ五輪金に圧巻のストレート勝ち<卓球・カタールオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン
2020年3月3日~2020年3月8日・ドーハ
2020.03.07

伊藤美誠、決勝へ リオ五輪金に圧巻のストレート勝ち<卓球・カタールオープン>

写真:カタールオープンの伊藤美誠/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン 2020年3月3日~3月8日>

7日、大会5日目を迎えたカタールオープンでは、女子シングルス準決勝が行われ、伊藤美誠(スターツ)が丁寧(ディンニン・中国)と対戦。4-0で伊藤が勝利した。

>>伊藤美誠が“楽しむ姿勢”貫くワケ

止まらないスマッシュ連打


写真:丁寧/提供:ittfworld

リオ五輪金メダリストである丁寧との直近の対戦は、今年1月に行われたドイツオープンの準々決勝。そのときは、丁寧が4-1で勝利していた。

試合序盤は得意のスマッシュで積極的な攻めを見せた伊藤が、ペースを握る。第1ゲームを6点で取り、続く第2ゲームは丁寧にラリー戦で粘られるが、バック面の表ソフトラバーでボールに緩急をつけてミスを誘い、第2ゲームも伊藤が奪う。

第3ゲームは伊藤がバックでのスマッシュを混ぜて、さらにコースを的確に打ち分ける。これに丁寧は全く対応できず、なんと伊藤はラブゲームを達成し、ゲームカウントを3-0とする。

第4ゲームも、丁寧は序盤こそ、何とかラリーに対応したものの、スマッシュに加えて回転量の多いドライブも混ぜた伊藤が、丁寧に最後までペースを掴ませず、最後は強烈なフォアスマッシュを叩き込んで勝負あり。4-0の完勝でリベンジを果たし、ワールドツアー2大会連続の決勝進出を決めた。

詳細スコア

○伊藤美誠 4-0 丁寧(中国)
11-6/14-12/11-0/11-5

>>卓球界を牽引する「黄金世代」 伊藤、平野、早田ら日本勢以外も台頭

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.06.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.06.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US