水谷隼/伊藤美誠、今季初V "黄金世代"の中国ペア下し東京五輪に弾み<卓球・カタールオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン
2020年3月3日~2020年3月8日・ドーハ
2020.03.08

水谷隼/伊藤美誠、今季初V “黄金世代”の中国ペア下し東京五輪に弾み<卓球・カタールオープン>

写真:水谷隼・伊藤美誠ペア/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン 2020年3月2日~3月8日>

カタールオープンは大会5日目を迎え、混合ダブルス決勝戦で水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペアが、中国の王楚欽(ワンチューチン)/孫穎莎(スンイーシャ)ペアにゲームカウント3-1で勝利し、今季初優勝を飾った。

>>水谷隼「実は1年間、球がほとんど見えない」深刻な目の症状を告白

決勝戦は黄金世代が3人


写真:王楚欽・孫穎莎(写真右)/提供:ittfworld

同郷、静岡県磐田市出身の水谷と伊藤は、東京五輪代表候補ペアとして名を連ねる。2019年は8大会に出場、そのうち優勝が1回、準優勝が4回、2020年もドイツオープンで準優勝という素晴らしい成績を残している。東京五輪においても、メダルが期待できるペアであることは間違いない。

また、今回の試合は、伊藤、王楚欽、孫穎莎が2000年生まれの19歳。平野美宇や早田ひなと同じく“黄金世代”が3人という中での対戦となった。

ただ、まだまだ進化を続ける30歳水谷が持ち前の安定感で、伊藤の伸び伸びとしたプレーをアシストする。伊藤のサーブは男子の王楚欽にも効果的で、大事な第1ゲームを11-8で日本ペアが先取した。

今大会女子ダブルス準優勝の長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)、木原美悠(JOCエリートアカデミー)らも客席で見守る中、日本ペアは第2ゲームを落とすが、第3ゲームは伊藤のサーブを王楚欽が上手くレシーブできず、11-4で水谷・伊藤に軍配が上がった。

勢いに乗る日本ペアが第4ゲームも攻めの手を緩めず、中国の“黄金世代”ペアを打ち破り、嬉しい五輪イヤー初優勝を決めた。

詳細スコア

〇水谷隼/伊藤美誠 3-1 王楚欽/孫穎莎(中国)
11-8/7-11/11-4/15-13

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?

水谷隼編 邱建新編 石田眞行編 松平健太編 村上恭和編 丹羽孝希編

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.07.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US