石川佳純、ベスト8で敗退 世界ランク3位・中国選手の壁高く<卓球・女子W杯> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:石川佳純/提供:ittfworld

国際大会 石川佳純、ベスト8で敗退 世界ランク3位・中国選手の壁高く<卓球・女子W杯>

2020.11.09 文:ラリーズ編集部

<ITTF 女子ワールドカップ 2020年11月8日~10日>

9日、大会2日目を迎えた女子ワールドカップでは、シングルス準々決勝が行われ、孫穎莎(スンイーシャ・最新世界ランキング3位・中国)が石川佳純(同9位・全農)に、ゲームカウント4-0で勝利した。

>>石川佳純、笑顔でトレーニング施設訪問 お茶目な写真にはファンからツッコミも

石川が準々決勝に登場

1回戦で徐孝元(ソヒョンウォン・韓国)に勝利した石川は、先月の全中国選手権女子シングルスで準優勝に輝いた孫穎莎と対戦した。


写真:孫穎莎/提供:ittfworld

序盤はお互い様子見といった雰囲気で点数を取り合う展開が続くが、第1ゲーム後半から、孫穎莎が順横系サービスと得意の両ハンド連打でペースを掴む。

2ゲーム目以降も孫穎莎は、順横系のサービスからの3球目攻撃の展開で試合の主導権を握り続ける。特に、上回転と下回転の判断がつきづらいサービスは見事で、サービスエースを連発。


写真:石川佳純/提供:ittfworld

石川も、得意の投げ上げサーブ以外に、巻き込みサーブを使ったり、ラリー戦で左右に揺さぶったりと、変化をつけて戦う。しかし、脅威の体幹能力を見せる孫穎莎はほとんど体勢を崩さず、あっという間に3ゲームを連取。

4ゲーム目も序盤こそ石川がリードを取るが、孫穎莎は全く動じずすぐに逆転。最後は石川のドライブがネットにかかり、孫穎莎が圧倒的な実力を見せつけ、勝利を収めた。

この結果により、伊藤美誠(スターツ)は10日の準決勝で孫穎莎と対戦することが決まった。

試合結果

〇孫穎莎 4-0 石川佳純
11-6/11-4/11-4/11-7

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?


>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

男子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt