"名将の愛息"邱党、単複2勝 チームは逆転勝利で4位浮上<卓球・ドイツブンデスリーガ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:邱党(キュウダン・ドイツ)/提供:ittfworld

大会報道 “名将の愛息”邱党、単複2勝 チームは逆転勝利で4位浮上<卓球・ドイツブンデスリーガ>

2021.02.03

文:ラリーズ編集部

<ドイツブンデスリーガ第20、21節 1月23日、24日、31日>

2020-2021シーズンのドイツ・ブンデスリーガ第20、21節が開催され、Tリーグ・木下マイスター東京の総監督である邱建新(キュウジェンシン)氏の息子、邱党(キュウダン・ドイツ)がグリュンヴェッターズバッハの逆転勝利に貢献した。

>>なぜ中国は卓球が強いのか?<Vol2.邱建新>

グリュンヴェッターズバッハが上位対決を制す

新型コロナウイルスの影響でドイツブンデスリーガでは20節と21節が先行して行われ、15節終了時点でリーグ5位のグリュンヴェッターズバッハ3位のノイ・ウルムが対決。試合はノイ・ウルムが1番、2番シングルスを奪取し、勝利に王手をかける展開となった。


写真:邱党(キュウダン・ドイツ)/提供:ittfworld

3番シングルスには、グリュンヴェッターズバッハからは邱党、ノイ・ウルムからはウラジミール・シドレンコ(ロシア)が出場。邱党は先にゲームカウント2-1でリードを奪う4ゲーム目をシドレンコが取り、勝負は最終第5ゲームまでもつれた。

プレッシャーのかかる中、邱党はブロックとカウンターを中心にシドレンコのミスを誘う。そして、10-9でマッチポイントを握ると、シドレンコのループドライブをストレートにカウンターで流し込み、11-9で勝利。ゲームカウント3-2で値千金の一勝を挙げた。さらに、邱党は5番ダブルスでも勝利をもぎ取り、グリュンヴェッターズバッハの逆転勝利に貢献。

この勝利により、グリュンヴェッターズバッハはリーグ4位に浮上した。2~5位が10勝6敗で並ぶ大混戦となっている。

デュッセルドルフは盤石の強さを見せる

リーグ1位のデュッセルドルフは、リーグ10位のフルダ・マーバーツェルと対戦。デュッセルドルフは今シーズンリーグ戦で1敗しかしておらず、12月に行われたヨーロッパチャンピオンズリーグでも優勝を飾るなど、好調を維持し続けている。


写真:アントン・ケルベリ/提供:ittfworld

1番シングルスには、デュッセルドルフからはアントン・ケルベリ(スウェーデン)、フルダ・マーバーツェルからはクアドリ・アルナ(ナイジェリア)が出場。ケルベリは現在リーグ勝率1位を維持しているが、対するアルナもリオ五輪シングルスベスト8の実力者。厳しい戦いになることが予想されたが、ケルベリは果敢な両ハンドでアルナに攻撃を許さず、終始ゲームを支配。最後はフェイントを混ぜたツッツキでポイントを奪い、ゲームカウント3-1で勝利。その後の2番、3番シングルスもデュッセルドルフが勝利し、3-0の完勝を収めた。

現時点での順位

1位 ボルシア・デュッセルドルフ:15勝1敗
2位 ザールブリュッケン:10勝6敗
3位 オクセンハウゼン:10勝6敗
4位 グリュンヴェッターズバッハ:10勝6敗
5位 ノイ・ウルム:10勝6敗
6位 ミュールハウゼン:9勝7敗
7位 ケーニヒスホーフェン:9勝8敗
8位 ベルグノイシュタッド:8勝7敗
9位 ブレーメン:8勝8敗
10位 フルダ・マーバーツェル:5勝11敗
11位 バート・ホンブルク:1勝15敗
12位 グレンツァオ:1勝15敗

2020-2021 ドイツブンデスリーガ第20節 結果

〇グリュンヴェッターズバッハ 3-2 ノイ・ウルム

王熹(ワンシ・ドイツ)0-3 ティアゴ・アポロニア(ポルトガル)〇
デニ・コズル(スロベニア)1-3 エマニュエル・ルベッソン(フランス)〇
〇邱党(キュウダン・ドイツ)3-2 ウラジミール・シドレンコ
〇王熹 3-2 エマニュエル・ルベッソン
〇邱党/Tobias Rasmussen(デンマーク)3-1 ティアゴ・アポロニア/ウラジミール・シドレンコ

〇オクセンハウゼン 3-0 グレンツァオ

ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)3-1 クリスチャン・プレテア(ルーマニア)
シモン・ゴジ(フランス)3-0 Ioannis Sgouropoulos(ギリシャ)
〇Samuel Kulczycki(ポーランド)3-2 アレクサンダー・カラカセビッチ(セルビア)

〇ミュールハウゼン 3-0 バート・ホンブルグ

〇Lubomir Jancarik(クロアチア)3-1 Rares Sipos(ルーマニア)
〇ダニエル・ハーベソン(オーストリア)3-1 Maksim Grebnev(ロシア)
〇オビディウ・イオネスク(ルーマニア)3-0 Lev Katsman(ロシア)

〇ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 フルダ・マーバーツェル

〇アントン・ケルベリ(スウェーデン)3-1 クアドリ・アルナ(ナイジェリア)
〇クリスチャン・カールソン(スウェーデン)3-1 ムン・ファンボー(ドイツ)
ティモ・ボル(ドイツ)3-1 ルーウェン・フィルス(ドイツ)

〇ザールブリュッケン 3-0 ケーニヒスホーフェン

ダルコ・ヨルジッチ 3-0 Abdel-Kader Salifou(フランス)
〇尚坤(シャンクン・中国)3-2 バスティアン・シュテガー(ドイツ)
パトリック・フランチスカ(ドイツ)3-1 Filip Zeljko(クロアチア)

2020-2021 ドイツブンデスリーガ第21節 結果

〇ブレーメン 3-1 ケーニヒスホーフェン

マルセロ・アギーレ(パラグアイ)1-3 バスティアン・シュテガー〇
マティアス・ファルク(スウェーデン)3-0 Filip Zeljko
〇キリル・ゲラシメンコ(カザフスタン)3-1 キリアン・オート(ドイツ)
〇マティアス・ファルク 3-1 バスティアン・シュテガー

関連記事

>>名将の愛息・邱党「欲しいのは世界ランキングじゃない」見据えるのは2024年パリ五輪

>>ドイツでホーム勝率90%超え 森薗政崇が語る「ファンや応援の力」

男子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
724 pt
3
戸上隼輔(日本)
350 pt
女子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt