グリュンヴェッターズバッハ、混戦制してプレーオフ進出<卓球・ドイツブンデスリーガ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:邱党(キュウダン・ドイツ)/提供:ittfworld

国際大会 グリュンヴェッターズバッハ、混戦制してプレーオフ進出<卓球・ドイツブンデスリーガ>

2021.03.23 文:ラリーズ編集部

<ドイツブンデスリーガ第22節 3月21、22日>

2020-2021シーズンのドイツ・ブンデスリーガ第22節が開催され、グリュンヴェッターズバッハがミュールハウゼンに勝利し、レギュラーシーズン4位でプレーオフ進出を確定させた。

>>デュッセルドルフが勝利 プレーオフ争いは最終節へ<卓球・ドイツブンデスリーガ>

最終節でプレーオフ進出

今シーズンのブンデスリーガはプレーオフ争いが混戦を極め、勝敗数で並んでいた4位のグリュンヴェッターズバッハと5位のノイ・ウルムにプレーオフ進出の可能性が残されていた。


写真:邱党(キュウダン・ドイツ)/提供:ittfworld

勝てばプレーオフ進出が決まるグリュンヴェッターズバッハは、1番シングルスで王熹(ワンシ・中国)が惜敗。流れは良くないまま2番シングルスに邱党(キュウダン・ドイツ)が出場したが、邱党はダニエル・ハーベソン(オーストリア)に対して、序盤からフォアと裏面で積極的な攻めを見せ、2ゲームを連取。第3ゲームは、ハーベソンのカウンターに苦しむも、攻める姿勢を貫いた邱党が粘り勝ち。ゲームカウント3-0のストレートで勝利し、チームに良い流れをもたらした。

3番シングルスではデニ・コズル(スロベニア)が東京五輪代表のルボミール・ヤンカリク(チェコ)にフルゲームで勝利し、グリュンヴェッターズバッハが勝利に王手をかける。そして、4番シングルスには王熹が再び出場し、ダブルスの名手オビディウ・イオネスク(ルーマニア)との試合を制する。これにより、マッチカウント3-1でグリュンヴェッターズバッハの勝利が決まり、シーズン4位でのプレーオフ進出が確定した。

フィルスが今シーズン10勝目

10位のフルダ・マーバーツェルは12位のバート・ホンブルグと対戦。フルダ・マーバーツェルからは、先日のWTTスターコンテンダードーハで準優勝に輝いた、ルーウェン・フィルス(ドイツ)が2番シングルスで出場した。


写真:ルーウェン・フィルス/提供:ittfworld

フィルスは序盤から、得意のフォアドライブとバック深くに刺さるカットでポイントを重ねる。相手もフィルスのカットを粘ってドライブで返すが、ゲームは終始フィルスが支配し、あっという間に2ゲームを連取。第3ゲームこそ先にゲームポイントを握られるも、粘ってデュースまで持ち込み、最後は相手のサーブミスで試合終了。フィルスがゲームカウント3-0で完勝を収め、自身のシーズン10勝目に花を添えた。

2020-2021シーズン ブンデスリーガ最終順位

1位 ボルシア・デュッセルドルフ:20勝2敗 ※プレーオフ決定
2位 ザールブリュッケン:15勝7敗 ※プレーオフ決定
3位 オクセンハウゼン:15勝7敗 ※プレーオフ決定
4位 グリュンヴェッターズバッハ:13勝9敗 ※プレーオフ決定
5位 ノイ・ウルム:13勝9敗
6位 ブレーメン:12勝10敗
7位 ベルグノイシュタッド:12勝10敗
8位 ケーニヒスホーフェン:11勝11敗
9位 ミュールハウゼン:11勝11敗
10位 フルダ・マーバーツェル:6勝16敗
11位 グレンツァオ:3勝19敗
12位 バート・ホンブルク:1勝21敗

2020-2021 ドイツブンデスリーガ第22節 結果

〇グリュンヴェッターズバッハ 3-1 ミュールハウゼン

王熹 2-3 ステファン・メンゲル(ドイツ)〇
〇邱党 3-0 ダニエル・ハーベソン
〇デニ・コズル 3-2 ルボミール・ヤンカリク
〇王熹 3-1 オビディウ・イオネスク

〇ノイ・ウルム 3-0 ケーニヒスホーフェン

エマニュエル・ルベッソン(フランス)3-1 バスティアン・シュテガー(ドイツ)
ティアゴ・アポロニア 3-1 キリアン・オート(ドイツ)
〇ウラジミール・シドレンコ 3-0 Filip Zeljko(クロアチア)

〇ベルグノイシュタッド 3-2 オクセンハウゼン

〇ベネディクト・デューダ(ドイツ)3-1 Maciej Kubik(ポーランド)
〇アルバーロ・ロブレス(スペイン)3-1 シモン・ゴジ(フランス)
Alberto Miño(エクアドル)2-3 Samuel Kulczycki(ポーランド)〇
ベネディクト・デューダ 2-3 シモン・ゴジ〇
〇アルバーロ・ロブレス/Alberto Miño 3-0 Samuel Kulczycki/Maciej Kubik

〇フルダ・マーバーツェル 3-0 バート・ホンブルグ

クアドリ・アルナ(ナイジェリア)3-2 Lev Katsman(ロシア)
〇ルーウェン・フィルス 3-0 Maksim Grebnev(ロシア)
〇ムン・ファンボー(ドイツ)3-0 Nils Hohmeier(ドイツ)

〇ボルシア・デュッセルドルフ 3-1 ザールブリュッケン

〇クリスチャン・カールソン(スウェーデン)3-1 パトリック・フランチスカ(ドイツ)
〇リチャード・ワルザー(ドイツ)3-0 Dimitrije Levajac
ティモ・ボル(ドイツ)2-3 ダルコ・ヨルジッチ(クロアチア)〇
〇アントン・ケルベリ(スウェーデン)3-2 パトリック・フランチスカ(ドイツ)

〇ブレーメン 3-1 グレンツァオ

〇キリル・ゲラシメンコ(カザフスタン)3-1 Ioannis Sgouropoulos(ギリシャ)
〇マルセロ・アギーレ(パラグアイ)3-2 クリスチャン・プレテア(ルーマニア)
Hunor Szöcs(ルーマニア) 2-3 Robin Devos(ベルギー)〇
〇キリル・ゲラシメンコ 3-1 クリスチャン・プレテア

森薗政崇インタビュー


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

>>森薗政崇流“高校卓球恩返しプロジェクト”始動 「居ても立ってもいられなかった」

>>第1話 「恐怖のオヤジ」1日7時間の練習…森薗政崇「俺は卓球マシーンか!」

>>第2話 森薗政崇、エース水谷との激闘で挙げた64年ぶりの快挙 そして「ゾーン体験」

>>第3話 2年前のトラウマを超えて。卓球森薗・大島ペア、「卓球の閃き」とは

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt