森薗政崇「自分のやりたいことはできた」手応え掴むも、悔しさをにじませる<世界卓球2021> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 森薗政崇「自分のやりたいことはできた」手応え掴むも、悔しさをにじませる<世界卓球2021>

2021.11.25 文:ラリーズ編集部

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

24日、世界選手権は大会2日目を迎え、男子シングルス2回戦に森薗政崇(BOBSON)が登場し、ゲームカウント1-4で敗れた。試合後、森薗が報道陣の質問に答えた。

森薗政崇コメント

強い相手だったが自分の力は発揮できたか

トータルで見ると終盤は自分の形になってきたんで、悪くはなかったんですけど、如何せん1、2、3ゲーム目にやることが絞れなくて。ちょっとリードしても全然自信が無くて。普通にやっても勝てないんだろうとは思ってやってたんですけど、本当に(試合が)過ぎるのが一瞬で、気づいたら0-3になっちゃってて。すごい反省しています。

試合の入り方が定まり切らなかった?

思ってた以上に相手の質が高い。ドライブの回転がちょっと多いから、普段止まってるボールが止まらなくて簡単に点数取られちゃうとか。自分が相手のコートを縛るためにちょっと台の外に出しても、それをしっかりとストレートに打ってこれるだとか。

そういうちょっとしたところなんですけど、普段一本返せてるところが取れなくて、ちょっと焦っちゃいましたね。

対戦相手は国際経験豊富。地力の強さは感じたか

無理せず質が高いっていうのは凄く感じました。

これからの課題は

一先ず3年前より自分のやりたいことはできたので、そういった意味ではすごい満足してて。ただ結果では、応援してくれた人たちに対して申し訳ない気持ちがどうしてもあります。

もう1試合勝って同士打ちのところまで行く、これまで自己新記録の更新を目標に掲げていたので、まず同じラウンドまで行くっていうのがあったんですけど、それが達成できなくて申し訳ないし、自分にとっても凄く残念です。

男子ダブルス2回戦

森薗政崇 1–4 黄鎮廷(中国香港)〇
8-11/7-11/4-11/11-6/8-11

特集・なぜ世界選手権は特別なのか

>>”史上初”アメリカ開催決定の裏側 世界選手権には卓球人たちの心意気が詰まっていた

>>国際卓球連盟CEOに聞く「チケット22,000枚即売のワケ」と「82年ぶり新天地開催の意義」

世界選手権大会報道記事

>>世界選手権大会報道記事はこちら

男子ランキング
2022.01.11
世界
日本
1
樊振東(中国)
14145 pt
2
馬龍(中国)
10510 pt
3
許昕(中国)
8630 pt
1
張本智和(日本)
8505 pt
2
丹羽孝希(日本)
4943 pt
3
水谷隼(日本)
4578 pt
女子ランキング
2022.01.11
世界
日本
1
陳夢(中国)
13100 pt
2
孫頴莎(中国)
12500 pt
3
伊藤美誠(日本)
9965 pt
1
伊藤美誠(日本)
9965 pt
2
石川佳純(日本)
6440 pt
3
平野美宇(日本)
5713 pt