カルデラノが2大会連続V 4種目で中国勢が優勝<卓球・WTTコンテンダードーハ2023> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)/提供:WTT

大会報道 カルデラノが2大会連続V 4種目で中国勢が優勝<卓球・WTTコンテンダードーハ2023>

2023.01.23

文:ラリーズ編集部

<卓球・WTTコンテンダードーハ 日程:2023年1月15日~21日 場所:カタール・ドーハ>

21日、カタール・ドーハで行われていたWTTコンテンダードーハが閉幕。各種目のチャンピオンが決まった。

カルデラノが2大会連続V

男子シングルスでは第2シードのクアドリ・アルナ(ナイジェリア)を始め、多くの世界ランキング上位者が初戦で敗れる波乱が多く起こった今大会。

その中で決勝に進んだのは、2回戦でロベルト・ガルドシュ(オーストリア)とのフルゲームデュースの激闘を制し、準々決勝と準決勝で中国選手に2連勝したウーゴ・カルデラノ(ブラジル)と、準々決勝で林鐘勲(イムジョンフン・韓国)との同士討ちを制し、準決勝で林詩棟(リンシドン・中国)に勝利した張禹珍(ジャンウジン・韓国)の対戦となった。


写真:張禹珍(ジャンウジン・韓国)/提供:WTT

決定力の高い回り込みフォアドライブを持つ張と、中、後陣から破壊力のあるパワーボールを繰り出すカルデラノの対戦は、両者一歩も譲らずゲームカウントは1-1となる。


写真:ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)/提供:WTT

しかしここから、ループドライブを織り交ぜ緩急のある攻めで相手のミスを誘い、要所で強烈なフォアハンドで得点を奪ったカルデラノが3ゲームを連取。ゲームカウント4-1で優勝を決めた。カルデラノはWTTコンテンダーダーバンに続き2大会連続の優勝を決めた。

女子単は范思琦がV

女子シングルスでは、同士討ちを2試合制し決勝に進んだ范思琦(ファンシチ・中国)と、今大会快進撃を見せたマニカ・バトラ(インド)に準決勝で勝利した張瑞(ジャンルイ・中国)の一戦となる。


写真:張瑞(ジャンルイ・中国)/提供:WTT

バック表ソフトを活かしたラリーで先手を取った張が2ゲームを連取するも、攻守兼備の両ハンドで流れを奪い返した范が3ゲームを連取し、優勝まであと1ゲームに迫る。


写真:范思琦(ファンシチ・中国)/提供:WTT

張が第6ゲームを奪いフルゲームとなったが、最終第7ゲームでは気迫を全面に出し、ラリーの安定感で上回った范が11‐5で取り、女子シングルス優勝を決めた。

ダブルスは中国が独占

男子ダブルスでは、今大会第1シードの林鐘勲(イムジョンフン)/張禹珍(ジャンウジン・韓国)ペアとの同士討ちを制した趙勝敏(チョスンミン)/安宰賢(アンジェヒョン・韓国)ペアと、周恺(ジョウカイ)/于子洋(ユーズーヤン・中国)の決勝となる。


写真:周恺(ジョウカイ)/于子洋(ユーズーヤン・中国)/提供:WTT

決定力のあるフォアドライブを見せた趙勝敏/安宰賢ペアが1ゲームを先取するも、質の高いチキータレシーブやフォアハンドをコートにねじ込み、3ゲームを連取した周恺/于子洋ペアが優勝を飾った。

女子ダブルスでは、蒯曼(クワイマン)/張瑞(ジャンルイ・中国)ペアが優勝を果たした。申裕斌(シンユビン)/田志希(チョンジヒ・韓国)ペアに第1ゲームを先取されるも、巧みなコース取りでラリー戦を支配した蒯曼/張瑞ペアが3ゲームを連取し、優勝を決めた。


写真:蒯曼(クワイマン)/張瑞(ジャンルイ・中国)/提供:WTT

混合ダブルスでは、林詩棟(リンシドン)/蒯曼(クワイマン・中国)ペアが優勝。1ゲームも落とさない圧巻の試合運びを見せ勝ち上がり、決勝では林鐘勲(イムジョンフン)/申裕斌(シンユビン・韓国)ペアに対し、サービス・レシーブで先手を取り、要所で強烈なフォアハンドで得点を重ね、ゲームカウント3-0で勝利。


写真:林詩棟(リンシドン)/蒯曼(クワイマン・中国)/提供:WTT

林/蒯ペアは初戦から1ゲームも落とさない完全優勝を決め、また先週行われたWTTコンテンダーダーバンに続いて2大会連続の優勝となった。蒯曼は女子ダブルス、混合ダブルスで優勝し、2冠を果たした。

各種目の最終結果は以下の通り。

男子シングルス


写真:男子シングルス表彰式/提供:WTT

優勝:ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)

準優勝:張禹珍(ジャンウジン・韓国)

3位:向鵬(シャンパン・中国)、林詩棟(リンシドン・中国)

女子シングルス


写真:女子シングルス表彰式/提供:WTT

優勝:范思琦(ファンシチ・中国)

準優勝:張瑞(ジャンルイ・中国)

3位:マニカ・バトラ(インド)、劉煒珊(リュウウェイシャン・中国)

男子ダブルス


写真:男子ダブルス表彰式/提供:WTT

優勝:周恺(ジョウカイ)/于子洋(ユーズーヤン・中国)

準優勝:趙勝敏(チョスンミン)/安宰賢(アンジェヒョン・韓国)

3位:袁励岑(ユアンリィツィエン)/向鵬(シャンパン・中国)、林鐘勲(イムジョンフン)/張禹珍(ジャンウジン・韓国)

女子ダブルス


写真:女子ダブルス表彰式/提供:WTT

優勝:蒯曼(クワイマン)/張瑞(ジャンルイ・中国)

準優勝:申裕斌(シンユビン)/田志希(チョンジヒ・韓国)

3位:崔孝珠(チェヒョジュ)/LEE Zion(韓国)、ソフィア・ポルカノバ(オーストリア)/ベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)

混合ダブルス


写真:林詩棟(リンシドン)/蒯曼(クワイマン・中国)/提供:WTT

優勝:林詩棟(リンシドン)/蒯曼(クワイマン・中国)

準優勝:林鐘勲(イムジョンフン)/申裕斌(シンユビン・韓国)

3位:黄鎮廷(ウォンチュンティン)/杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港) 、サティアン・グナナセカラン/マニカ・バトラ(インド)

注目動画 潜入・野田学園高校卓球部

【動画】潜入・高校卓球部

【特集】潜入・高校卓球部

>>愛工大名電高校や桜丘高校など名門高校卓球部に潜入!

男子ランキング
2023.01.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.01.04
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt