伊藤美誠、2大会連続V達成 34歳の五輪銀メダリスト下す<WTTスターコンテンダードーハ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:新華社/アフロ

国際大会 伊藤美誠、2大会連続V達成 34歳の五輪銀メダリスト下す<WTTスターコンテンダードーハ>

2021.03.13 文:ラリーズ編集部

<卓球・WTTスターコンテンダードーハ 3月5日~13日>

WTTスターコンテンダードーハの女子シングルス決勝に伊藤美誠(スターツ・世界ランキング2位)が登場し、馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール・同12位)にゲームカウント4-1で勝利した。

伊藤美誠 vs 馮天薇


写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

直前のWTTコンテンダードーハに続き2週連続での優勝を目指す伊藤は、今大会も第1シードの強さを見せつけている。ここまでシングルス4試合を戦い、落としたゲームはわずかに2。多彩なサービスや変化をつけたプレーで他を圧倒している。


写真:馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)/提供:ittfworld

対する馮天薇は、Tリーグ3rdシーズンにも参戦した34歳の五輪メダリストだ。北京五輪は団体銀メダル、ロンドン五輪ではシングルス・団体で銅メダルを獲得している。馮天薇は今大会、準々決勝で早田ひな(日本生命)との接戦を制して勝ち上がってきた。

両者の国際大会での対戦は、伊藤が6勝2敗で勝ち越しており、直近は2020年のカタールオープンで伊藤がゲームカウント4-2で勝利している。

世界ランク2位の伊藤美誠が五輪メダリストと対戦

試合は、冷静に戦う馮天薇が12-10で第1ゲームを先取した。伊藤も積極的な攻めや変化を見せるが、バックハンドでのミスが多く出てしまい、わずかな差で第1ゲームを落とした。

伊藤は馮天薇の厳しいコース取りやロングサービスで失点し、苦しい表情を見せる場面もあり、緊迫した展開が続く。第2ゲームもデュースとなったが、ここは伊藤が12-10で奪い返した。


写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:新華社/アフロ

馮天薇はロングサービスからの展開で伊藤の変化を封じ得点を重ねるが、伊藤も自らのサービスから得点を奪う。第3ゲームを11-7で制し、ゲームを連取した伊藤は、徐々に本来のプレーを発揮する。伊藤からは首をかしげる場面が減り、声を出しガッツポーズも多く見られるようになる。

伊藤は第4ゲームも自らのペースで接戦をものにすると、その流れのまま第5ゲームも逆転で奪い、ゲームカウント4-1で2大会連続の優勝を決めた。

女子シングルス決勝

〇伊藤美誠 4-1 馮天薇(シンガポール)
10-12/12-10/11-7/11-8/11-6

関連記事

>>卓球女子世界ランキング(2021年第10週) WTT優勝の伊藤美誠、自己最高タイの2位返り咲き

>>馮天薇(フォンティエンウェイ)の使用用具・大会成績・プロフィール

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt