全種目で中国代表が優勝 "58歳の大ベテラン"倪夏蓮は準優勝<卓球・WTTコンテンダーノボメスト> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:倪夏蓮(ニーシャーリエン・ルクセンブルク)/提供:WTT

大会報道 全種目で中国代表が優勝 “58歳の大ベテラン”倪夏蓮は準優勝<卓球・WTTコンテンダーノボメスト>

2021.11.15 文:ラリーズ編集部

<WTTコンテンダー Novo Mesto大会 日時:11月8日~14日 場所:スロベニア ノボ・メスト>

14日、WTTコンテンダーのノボ・メスト大会は最終日を迎え、全種目の決勝戦が行われた。

男子シングルス総括


写真:梁靖崑(リャンジンクン・中国)/提供:WTT

男子シングルス優勝はラシュコ大会に続いて梁靖崑(リャンジンクン・中国)となった。王楚欽(ワンチューチン・中国)との決勝戦では、先に王楚欽に3ゲームを取られて窮地に追い込まれるも、第6ゲームを取って最終ゲームに突入。最後はデュースを梁靖崑が制して、2大会連続優勝を飾った。


写真:木造勇人(愛知工業大学)/提供:WTT

日本代表では木造勇人(愛知工業大)、田中佑汰(愛知工業大)、神巧也T.T彩たま)の3名が本戦に出場した。田中、神は1回戦で敗退となったが、木造は1回戦で2019年世界選手権銀メダリストのマティアス・ファルク(スウェーデン)に勝利した。続く2回戦で周启豪(ジョウチーホウ・中国)に敗れ、日本男子の全試合が終了した。

女子シングルス総括


写真:劉煒珊(リュウウェイシャン・中国)/提供:WTT

女子シングルス優勝は劉煒珊(リュウウェイシャン・中国)となった。倪夏蓮(ニーシャーリエン・ルクセンブルク)との決勝戦では第1ゲームのデュースを倪夏蓮が制す。しかし、劉煒珊が見事に倪夏蓮の異質の変化に対応して4ゲームを連取、4-1で優勝を決めた。


写真:倪夏蓮(ニーシャーリエン・ルクセンブルク)/提供:WTT

準優勝となった倪夏蓮は準々決勝で、優勝候補であった王藝迪(ワンイーディー・中国)に3-2で勝利し金星を挙げた。東京五輪最年長出場の大ベテランが更なる進化を遂げている。


写真:森さくら(日本生命)/提供:WTT

日本代表で参加した森さくら(日本生命)は本戦から出場し、1回戦でスイスの選手に勝利した。2回戦では劉煒珊(リュウウェイシャン・中国)に2度のデュースを含む熱戦を繰り広げたが、1-3で敗退となった。

男子ダブルス総括


写真:林高遠(リンガオユエン)/周启豪(ジョウチーホウ・中国)ペア/提供:WTT

男子ダブルスの優勝は林高遠(リンガオユエン)/周启豪(ジョウチーホウ・中国)ペアとなった。予選を抜けると決勝まで順当に勝ち上がり、梁靖崑(リャンジンクン)/王楚欽(ワンチューチン・中国)ペアとの同士討ちとなった。後半に林/周ペアが主導権を握り3-1で優勝となった。


写真:篠塚大登/谷垣佑真(愛工大名電高)ペア/提供:WTT

日本ペアは木造/田中ペアが予選で、篠塚大登/谷垣佑真(愛工大名電高)ペアが本戦の準決勝で、優勝した林/周ペアに敗れている。特に篠塚/谷垣ペアは序盤に2ゲーム連取してからの逆転を負けを喫し、あと1本が遠かった。

女子ダブルス総括


写真:王藝迪/劉煒珊(中国)ペア/提供:WTT

女子ダブルス優勝は王藝迪(ワンイーディー)/劉煒珊(中国)ペアとなった。予選を通過すると、本戦では決勝までわずか2ゲームしか落とさず勝ちあがってきた。ニーナ・ミッテルハム/ザビーナ・ウィンター(ドイツ)ペアとの決勝では終始主導権を握り3-0のストレートで優勝を飾った。


写真:ニーナ・ミッテルハム/ザビーナ・ウィンター(ドイツ)ペア/提供:WTT

準優勝となったニーナ・ミッテルハム/ザビーナ・ウィンターも同じく決勝まで失ゲーム数2と実力の高さを示した。

混合ダブルス総括


写真:王楚欽/王藝迪(中国)ペア/提供:WTT

混合ダブルス優勝は王楚欽/王藝迪(中国)ペアとなった。決勝まで失ゲーム数をわずか1に抑え、シモン・ゴジ/プリティカ・パヴァデ(フランス)ペアとの決勝戦でも3-1で勝利した。中国代表は今大会すべての種目で優勝を飾っている。


写真:シモン・ゴジ/プリティカ・パヴァデ(フランス)ペア/提供:WTT

シモン・ゴジ/プリティカ・パヴァデは、ティアゴ・アポロニア/シャオ・ジエニー(ポルトガル)ペアやチェコのペアに勝利するなど抜群のペアリングを見せた。

最終順位

男子シングルス


写真:梁靖崑(リャンジンクン・中国)/提供:WTT

1位 梁靖崑(リャンジンクン・中国)
2位 王楚欽(ワンチューチン・中国)
3位 林高遠(リンガオユエン・中国)、ダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)

女子シングルス


写真:劉煒珊(リュウウェイシャン・中国)/提供:WTT

1位 劉煒珊(リュウウェイシャン・中国)
2位 倪夏蓮(ニーシャーリエン・ルクセンブルク)
3位 ユ・フ(ポルトガル)、リンダ・ベルグストローム(スウェーデン)

男子ダブルス


写真:林高遠/周启豪(中国)/提供:WTT

1位 林高遠/周启豪(中国)
2位 梁靖崑/王楚欽(中国)
3位 篠塚大登/谷垣佑真、Kilian ORT/Tobias HIPPLER(ドイツ)

女子ダブルス


写真:王藝迪/劉煒珊(中国)/提供:WTT

1位 王藝迪/劉煒珊(中国)
2位 ニーナ・ミッテルハム/ザビーナ・ウィンター(ドイツ)
3位 プリティカ・パヴァデ/Pauline CHASSELIN(フランス)、Minhyung JEE/Yangzi LIU(オーストラリア)

混合ダブルス


写真:王楚欽/王藝迪(中国)/提供:WTT

1位 王楚欽/王藝迪(中国)
2位 シモン・ゴジ/プリティカ・パヴァデ(フランス)
3位 ルボミル・ヤンカリク/ハナ・マテロワ(チェコ)、キリル・スカチコフ/Olga VOROBEVA(ロシア)

WTT(World Table Tennis)とは

ITTF(国際卓球連盟)が新たにスタートさせた、卓球の国際大会の新シリーズのこと。

これまで開催していたITTFワールドツアーを廃し、新たに、五輪・世界選手権に並ぶ最上級カテゴリーの大会として、グランドスマッシュを位置づける。その他に「カップファイナル」、「チャンピオン」、「スターコンテンダー」、「コンテンダー」などのカテゴリー別大会が開催される。


図:WTT概要/作成:ラリーズ編集部

森さくらインタビュー(2020年4月公開)


写真:森さくら/撮影:ハヤシマコ

>>“高2で福原愛下し卓球全日本2位” 森さくらを苦しめた呪縛

>>森さくら「初めて卓球の楽しさに気付けた」卓球人生変えた恩師との出会い

>>転機は「インドの“さくら”コール」 Tリーグ最多勝・森さくら誕生秘話

【世界レベル】木造/田中(愛知工業大)vs戸上/宇田(明治大)

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt