宇田/戸上「お互いの理解が今の強さに」 抜群のペアリングで同士討ち制す<世界卓球2021> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)ペア/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 宇田/戸上「お互いの理解が今の強さに」 抜群のペアリングで同士討ち制す<世界卓球2021>

2021.11.27

文:ラリーズ編集部

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間26日、世界選手権は4日目を迎え、男子ダブルス3回戦では日本勢対決が実現。宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)ペアが張本智和(木下グループ)/森薗政崇(BOBSON)ペアにゲームカウント4-3で勝利し、ベスト8入りを決めた。

試合後、宇田・戸上が報道陣の質問に答えた。

宇田幸矢・戸上隼輔コメント

自分たちの今日のプレーについて

宇田:1ゲーム目いい形で入ったんですけど、後半まくられて逆転されてしまって、2ゲーム目の途中から戦術転換をして自分たちが無理せず相手にミスをさせる形で徐々にペースをつかんできたので、最終的に自分たちのいいところに結びつけられたんですけど、途中は(うまく)できないときはありましたね。

戸上:取られたゲームに関しては僕たちの凡ミスが多すぎた結果かなと感じていて、取ったゲームに関しては自分たちのプレーができた、積極的にいいプレーができたのでそこが良かったかなと思います。

台上での差し合いについて

宇田:最初からその展開(台上で仕掛ける)になるだろうと予想していて、相手に手堅さがあったので苦戦してしまったというのはあるんですけど、相手を崩しながら点が取れたのはこの試合での大きな収穫かなと思います。

戸上:ゲームの序盤では台上の部分で負けていることが多かったんですけど、逆に打たせたり長めの返球で先に仕掛けるというのをやってはまったので、相手がうまかった分自分たちも対応できたので、いい経験になりました。

(宇田の)肩のコンディションについて

宇田:日本選手とは練習していてボールも慣れられているので、ラリーになるのを警戒して(ラリーに)ついていけるか不安だったんですけど、チキータの際に肩の音が鳴って。でも、はまったのか痛みがなくなって、そこから振れました。

不安はあったので、1,2ゲーム目は様子を見ながら抑えめでいってたんですけど、やっぱり痛みがなくて気にする必要がなくなりました。戸上にも「もう大丈夫。(戦術とか)気にせず普通にやって」って言って、大丈夫でした。

戸上:試合終わってから肩の音なったことを聞いて、途中で「俺振れるから」っていうのを聞いたんですけど、僕は気を利かして言ってくれてるんだなって思ってたのでまさか治ってるとは思わなかったです。

勝てたことでの自信について

宇田:今の試合では、張本、森薗さんは日本トップのダブルスのペアだと思うので、そこに勝てたのは1つ大きな自信になりますし、展開の中で自分が不利な場面でも巻き返すことができたというのは自信になりました。

戸上:僕たちはアジア選手権で優勝して、格上と思われてると思うんですけど、こっちはチャレンジャー精神でやっていって、相手は立ち向かってきたんですけど、それを跳ね返すことができたのは自信になりました。

成長はどこで感じるか?

宇田:ここ最近試合数を重ねてきて、お互いの得意な部分・苦手な部分を理解してきているというのが1番ですかね。競った場面とリードしている場面でされて嫌なことって変わってくると思うので、経験を積んでいく中でそれを理解し合えているのが今の強さかなって思います。

戸上:明治大に入学してから、練習場でも一緒だったり、生活でかかわることが増えたので、性格面とか競った場面での心境とかを理解してきたので、それが試合の終盤で活かされたり、試合を重ねていった結果が今の強さにつながってきているのかなと感じます。

男子ダブルス3回戦結果

張本智和/森薗政崇 2-3 宇田幸矢/戸上隼輔〇
13-11/12-14/11-4/4-11/4-11

特集・なぜ世界選手権は特別なのか

>>”史上初”アメリカ開催決定の裏側 世界選手権には卓球人たちの心意気が詰まっていた

>>国際卓球連盟CEOに聞く「チケット22,000枚即売のワケ」と「82年ぶり新天地開催の意義」

>>「床が水平じゃない!?」「開幕直前のボール調整…」世界選手権の舞台裏秘話

世界選手権大会報道記事

>>世界選手権大会報道記事はこちら

男子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
724 pt
3
戸上隼輔(日本)
350 pt
女子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt