【卓球・ブンデスリーガ】及川瑞基が"ドイツの皇帝"ボルに金星 エースの責務果たす | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ブンデスリーガ2018-19シーズン
2018.8.17~2019.3.17
2019.03.19

【卓球・ブンデスリーガ】及川瑞基が“ドイツの皇帝“ボルに金星 エースの責務果たす

*写真:大学2年時の及川瑞基(専修大学)/提供:及川瑞基

<ブンデスリーガ2018/19シーズン第22節 Borussia Dusseldorf vs TSV Bad Konigshofen>

17日、ドイツの卓球プロリーグであるブンデスリーガ18/19シーズン第22節に及川瑞基(3月度世界ランキング77位・21歳)=専修大学=が出場した。及川は昨年王者であるボルシア・デュッセルドルフのエース、ティモ・ボル(同5位・38歳)=ドイツ=に3-2で金星を挙げると、5番手のダブルスでクリスチャン・カールソン(同30位・27歳)=スウェーデン=ペアにまたも3-2で勝利し、チームの勝利に貢献した。

この日は、デュッセルドルフのホーム戦であり、1100名の観客が訪れていた。完全なアウェイで、世界ランク上位の選手に勝つことはそう簡単ではない。

及川はこの試合について「昨日のデュッセル戦は今シーズンの集大成のパフォーマンスを発揮する気持ちで気合を入れてコートに立ちました。相手が格上でも自分のプレーをすれば必ずチャンスがあると思って思い切って戦うことが出来たので勝つことが出来たと思います」とコメントし、自信を見せた。

及川のチームは全11チームの中で8位でレギュラーシーズンを終了した。プレーオフ進出の条件である4位に食い込むことはできなかったものの、今季は世界ランク上位の選手に勝ち星を挙げるなど、及川にとって実り多きシーズンとなった。

ブンデスリーガ2018/19シーズン第22節 及川瑞基の結果詳細

Borussia Dusseldorf 2-3 TSV Bad Konigshofen
ティモ・ボル 2-3 ◯及川瑞基
11-8/9-11/11-13/11-5/7-11

クリスチャン・カールソン/アントン・カールバーグ 2-3 ◯及川瑞基/キリアン・オート
11-6/11-6/2-11/12-14/3-11

及川瑞基、ブンデスリーガ18/19シーズンの活躍を振り返る

及川瑞基のインタビューはこちらから

文:ラリーズ編集部

コメント
1
卓スキくん
2019-03-19 08:01:51
及川選手、おめでとうございます㊗️
男子ランキング
2020.07.09
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.09
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US