【卓球】長崎美柚がU21準決勝進出 ブルガリアOP銀の中国選手と対戦予定<ITTFチェコOP> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会
2019.1.14(月)〜20(日)・大阪

【卓球】長崎美柚がU21準決勝進出 ブルガリアOP銀の中国選手と対戦予定<ITTFチェコOP>

*写真は2018年世界選手権公開練習の長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)

<ITTFワールドツアー・チェコオープン(オロモウツ)、2018年8月21日〜26日>

21日、ワールドツアー・チェコオープンが開幕し、女子一般とU21シングルスに期待の16歳、長崎美柚(8月度世界ランキング38位)=JOCエリートアカデミー/大原学園=が登場した。

長崎はU21シングルスベスト8決定戦でカットマンの相馬夢乃(同288位・16歳)=遊学館高校=との同年代対決をゲームカウント3-0のストレート勝利で制すると、その勢いのまま、準々決勝もプエルトリコの選手にストレート勝ちを飾り、準決勝に進出した。

準決勝は先日のブルガリアオープンで女子一般シングルス準優勝を果たした王藝迪(同68位・21歳)=中国=と対戦することとなった。

世界ランキングこそ長崎の方が上であるものの、王藝迪はブルガリアオープンで伊藤美誠(同6位・17歳)=スターツSC=、佐藤瞳(同14位・20歳)=ミキハウス=を下しているため、実力は長崎より上であるとも言える。

長崎、強豪選手相手に勝利なるか。

長崎美柚 チェコOP1日目の結果

女子一般シングルス 予選トーナメント

<2回戦>
長崎美柚 4-0 ルプレスク・アネリア(セルビア)
11-5/11-4/11-1/11-4

女子U21シングルス

<1回戦>
長崎美柚 3-2 バーガンド・フィリッパ(スウェーデン)
11-5/7-11/11-1/7-11/15-13

<ベスト8決定戦>
長崎美柚 3-0 相馬夢乃
11-5/11-5/11-1

<準々決勝>
長崎美柚 3-0 ディアズ・アドリアナ(プエルトリコ)
11-8/12-10/11-7

文:ラリーズ編集部
写真:田村翔/アフロスポーツ

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.01.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
17001 pt
2
許キン(中国)
15835 pt
3
張本智和(日本)
14625 pt
1
張本智和(日本)
13860 pt
2
丹羽孝希(日本)
12466 pt
3
水谷隼(日本)
11205 pt
女子ランキング
2019.01.21
世界
日本
1
丁寧 (中国)
16515 pt
2
朱雨玲 (中国)
15969 pt
3
石川佳純(日本)
15248 pt
1
石川佳純(日本)
15248 pt
2
伊藤美誠(日本)
14135 pt
3
平野美宇(日本)
13065 pt
SNS
FOLLOW US