世界ランク1位・陳夢、大会史上初の4連覇達成<卓球・ITTFファイナル最終日総括> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:陳夢(チェンムン・中国)/提供:ittfworld

国際大会 世界ランク1位・陳夢、大会史上初の4連覇達成<卓球・ITTFファイナル最終日総括>

2020.11.22 文:ラリーズ編集部

<ITTFファイナル 11月19日~22日 中国・鄭州>

22日、ITTFファイナルは大会最終日を迎え、男女シングルスの決勝戦が行われた。男女シングルス決勝は、ともに中国選手による同胞対決となった。

男子は馬龍が中国勢対決を制し、6度目の優勝

男子シングルス決勝には馬龍(マロン・最新世界ランキング3位・中国)と 樊振東(ファンジェンドン・同1位・中国)が登場。直近の大会では、2020年の男子W杯決勝で樊振東が4-3という熱戦の中勝利していた。一方馬龍は今大会、準決勝で許昕(シュシン・中国)を4-1で破るなど好調であった。

試合は第1ゲームからデュースとなる大熱戦。樊振東のパワフルな両ハンドドライブに対して、馬龍はバックハンドで緩急をつけたり隙を見てフォアハンドのドライブで攻撃したりと安定感抜群な戦い方で3ゲームを連取した。


写真:馬龍(マロン・中国)/提供:ittfworld

後がない樊振東は、第4ゲームでバックハンドを中心に緩急をつける戦い方に変更した。これが馬龍のバックハンドのミスを誘い、第4ゲームを取った。

このまま樊振東が勢いに乗るかと思われたが、第5ゲームで馬龍がフォアハンドの攻撃を増やすようになり樊振東は防戦一方となった。最後は馬龍がバッククロスへ打ったドライブを樊振東がバックハンドでかけ返そうとしてミス、馬龍はラケットを手放し喜びの感情を露わにした。

馬龍は今大会で、2008年、2009年、2011年、2015年、2016年に続く6度目の優勝となった。

>>リオ五輪王者、東京でシングルス2連覇なるか|卓球・五輪活躍プレイバック-馬龍編-

女子は陳夢が同胞対決に勝利し、大会史上初の4連覇

女子シングルスには陳夢(チェンムン・同1位・中国)と王曼昱(ワンマンユ・同5位・中国)が登場した。直近の試合では2020年のカタールオープン準決勝で戦い、4-2で陳夢が勝利している。

第1ゲームを陳夢が取り、第2ゲームも10-9で陳夢がリードしていたが、次の1点を王曼昱が回り込んでフリックし取るとサービスで陳夢を翻弄し、14-12で王曼昱が第2ゲームを勝ち取った。


写真:陳夢(チェンムン・中国)/提供:ittfworld

しかし、王曼昱の攻撃もここまでであった。第3ゲーム以降、前中陣で男子のような強烈な攻撃を浴びせる王曼昱に対して、陳夢は前陣で冷静にコース取りを厳しくし王曼昱のミスを誘った。

第5ゲームも陳夢が5-0と大きくリードし、その後も終始陳夢がラリーの主導権を握っていた。そして陳夢のチャンピオンシップポイントへ。王曼昱も諦めず攻撃を入れ続けるが、最後は陳夢のバックハンドが王曼昱のバックサイドを抜けていった。陳夢はガッツポーズで優勝をつかみ取った。

陳夢は今回の優勝で、2017年から続いた連覇の記録を4に更新した。これは、大会史上初の快挙となる。

>>陳夢(チェンムン)の使用用具・大会成績・プロフィール

新たな国際大会「WTT」

11月25日から新たな国際大会「WTT」が開幕する。今までのワールドツアーとは異なり、各ラウンドごとにゲーム数や1ゲームの点数が変わったり、試合の組み合わせ方も一風変わった形式になったりと様々な変化がある。25日から始まるマカオ大会には男女それぞれ16名が参加することとなっている。

ITTFファイナル最終日 結果

女子シングルス決勝

◯陳夢 4-1 王曼昱
11-9/11-13/14-12/11-8/11-5

男子シングルス決勝

〇馬龍 4-1 樊振東
13-11/11-7/12-10/9-11/11-8

男子シングルス最終順位


写真:優勝した馬龍(写真右)と準優勝の樊振東/提供:ittfworld

1位 馬龍
2位 樊振東
3位 許昕、張禹珍(チャンウジン・韓国)

女子シングルス最終順位


写真:優勝した陳夢(写真右)と準優勝の王曼昱/提供:ittfworld

1位 陳夢
2位 王曼昱
3位 伊藤美誠(スターツ)、孫穎莎(スンイーシャ・中国)

>>ITTFファイナル報道記事はこちら

男子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt