【卓球・男子W杯】樊振東が2年ぶり2回目の優勝 熾烈なカウンター合戦を制す<男子ワールドカップ2018 決勝>


*写真は樊振東(中国)

<2018男子ワールドカップ(パリ) 2018年10月19日~21日>

男子ワールドカップは3日目、最終日を迎え、決勝が行われた。日本代表として張本智和(10月度世界ランキング8位・15歳)=JOCエリートアカデミー=、丹羽孝希(同10位・24歳)=スヴェンソン=が出場し、張本丹羽共にベスト8で大会を終えた。

決勝は張本を下した“ドイツの皇帝”ティモ・ボル (同3位・37歳)と世界ランク1位、樊振東(同1位・21歳)=中国=の対戦となった。直近対戦では2017年12月に行われたワールドツアーグランドファイナル準々決勝で、樊振東がゲームカウント4-2で勝利している。

試合は序盤から激しいカウンター(相手の強打の威力を利用して、反撃する技術。早い打点を捉えるためリスクも大きいが得点率も高い)合戦となり、普通であれば決まるボールが全く決まらないハイレベルな戦いが繰り広げられた。ボルは序盤からロングサーブ(相手コートから1バウンドで出るサーブのこと。相手は強打がしやすいのでリスキーだが、ラリー戦が得意な選手が多用するサーブ)を用い勝負を仕掛けるもあと一本が決まらず第1〜3ゲームを落としてしまう。

だが、ここで終わるボルではない。前回大会で見せた強靭なメンタルを発揮し、第4ゲームを取り返す。樊振東もこれにはやや戸惑いを見せ、第5ゲームはボルのリードで始まるも、樊振東は高い集中力で積極的な攻めを継続し、ゲームカウント4-1で見事勝利。2年ぶり2度目の優勝を果たした。

また、3位決定戦の結果、丹羽を破った中国の林高遠(同5位・23歳)がドミトリ・オフチャロフ(同4位・30歳)=ドイツ=にゲームカウント4-1で勝利し、自身初となるワールドカップのメダルを獲得した。

男子ワールドカップ 3日目 結果

決勝トーナメント 決勝

◯樊振東(中国) 4-1 ティモ・ボル(ドイツ)
11-9/11-5/11-6/9-11/11-8

決勝トーナメント 3位決定戦

◯林高遠(中国) 4-1 ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)
11-7/11-9/9-11/11-4/11-3

男子ワールドカップ 最終結果

<優勝>
樊振東(中国)

<準優勝>
ティモ・ボル(ドイツ)

<3位>
林高遠(中国)

<4位>
ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)

<ベスト8>
張本智和、丹羽孝希、李尚洙(韓国)、ブラディミル・サムソノフ(ベラルーシ)

文:ラリーズ編集部
写真:ittfworld

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする