【卓球】石川がベスト8 丁寧追い詰める<女子スウェーデンOP2018>


*写真:石川佳純(全農)/ittfworld

<ITTFスウェーデンオープン(ストックホルム) 2018年10月29日~11月4日>

3日、スウェーデンオープンは6日目を迎え、男女シングルス準々決勝〜準決勝が行われた。準々決勝第3試合に石川佳純11月度世界ランキング3位・25歳)=全農=が登場し、現世界女王の丁寧(同2位・28歳)=中国=と対戦した。

石川は序盤から強化してきたサーブとバックハンドを活かし、パワーとスピードで丁寧を上回り、第1、2ゲームを連取した。そして第3ゲームも10-8でセットポイントを握るも丁寧の安定感あるプレーに押され、このゲームを落とす。ここから絶対女王の怒涛の攻撃が始まり、流れを奪い返すことができず、石川はゲームカウント2-4で惜しくも負けてしまった。

序盤の2ゲームを連取し、第3ゲームも女王を追い詰めていただけに悔しい敗戦となった。

スウェーデンOP 大会6日目(日本女子の結果)

女子シングルス 準々決勝

石川佳純 2-4 ◯丁寧(中国)
13-11/12-10/10-12/6-11/4-11/5-11

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする