【卓球】伊藤が世界女王・丁寧に金星<女子スウェーデンOP2018> 

伊藤美誠


*写真:伊藤美誠(スターツSC)/ittfworld

<2018スウェーデンオープン(ストックホルム) 2018年10月29日~11月4日>

スウェーデンオープン6日目となった11月3日。男女シングルスの準々決勝〜準決勝が行われた。準々決勝第4試合で伊藤美誠(11月度世界ランキング7位・18歳)=スターツSC=が劉詩文(同6位・27歳)=中国=に対して逆転勝利で準決勝に進出を決めていた。

伊藤は準決勝で現世界女王・丁寧(同2位・28歳、2015,2017年世界選手権優勝、2016年リオ五輪金メダリスト)=中国=と対戦。第1ゲーム、第2ゲームは丁寧のリズムに合わせることができず、伊藤は連続でゲームを失ってしまう。そして、第3ゲームでも、ゲームポイント6-10でセットポイントを握られると、驚異的な粘りで6連続得点をし、このゲームを奪い返す。

ここから流れを渡さないのが伊藤だった。伊藤は随所に目にも留まらぬスピードでスマッシュを決め、受けたことのない球質に丁寧は困惑。このままゲームカウント4-2で勝負を決め、決勝進出を決めた。

伊藤は「試合の序盤は思ったようにプレーができなかった。なので1点1点を大事にした。今日は2試合ともあんまり良くない(試合の)スタートだったから、明日の決勝ではスタートダッシュをかけられるようにできたらいいなと思う。」と試合を振り返りつつ、明日の世界ランキング1位である朱雨玲(23歳)=中国=との試合への抱負を語った。

スウェーデンOP 大会6日目(日本女子の結果)

女子シングルス 準決勝

◯伊藤美誠 4-2 丁寧(中国)
3-11/7-11/12-10/11-6/11-9/11-8

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
伊藤美誠
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする